やっぱり解約

「想像の詩人」公演を観るために、がきっかけで一通り公演観てみようと入会しました、DMMの月額会員。

変わらず想像の詩人だけは観たいのですが、やっぱり解約することにしました。元々一か月限定でとは思っていたものの、公演が楽しければ継続するつもりだったわけですが。

「逆上がり」公演はかるーく記事にしましたが、それ以上に「RESET」公演は低調なパフォーマンスで、逆の意味で驚きました。それにしてもNMBでは、なぜか以前から昇格した研究生メンバーが輝きを失うのですが、今回もその例にもれずでした。

研究生全員の昇格が決まったということで、その最高の公演が無くなってしまうことと同時に、やはりメンバーが輝きを失ってしまうのではないかという心配があります。

それと、「ここにだって天使はいる」のさや姉が観たかったのですが、残念ながら出演している公演が無くって...と、思っていたら28日に出演したようなので、期限までの間に観たいと思います。

それにしても、踊れていたメンバーが全くと言っていいほどになってしまっているのは、観るほどに切なくなります。


選抜を外れるレベル...でも信じてる

 「想像の詩人」公演を観ようということに始まって、結局DMMの月額会員になりました。

ちゅばの卒業公演が観たかったこと。これを機に、NMBの現状の公演を自分の目で再確認しておきたかったこと。なんていくつかの動機があってのことです。

そして、BⅡ公演を相当久しぶりに観ました。

.......墜ちに墜ちましたね。と、チームのパフォーマンスは一旦置いておいて。

柊ちゃんの笑顔のパフォーマンスを観て、涙が出そうになるくらいに。愕然となりました。

確かな成長が、努力の足跡がはっきりと見て取れるメンバー。だけどもそれは、裏を返せばその逆もはっきりとしてしまうということでもあります。

全然踊れてない。単純に省エネなだけじゃなく、ちょっと振りも入ってないんじゃないかな?って感じでした。

あ、ちなみに途中までしか観てません。

初日の出来が良くなくて、でも同時にそこからの伸びしろがあるってことでもあったわけですけど、むしろさらに悪くなっていました。

本人も分かってるんじゃないかな。まさに「その汗は嘘をつかない」だよ、柊ちゃん。

あんなに汗っかきなはずなのに、全然じゃないか。

僕が勝手に思ってることですけど、柊ちゃんのパフォーマンスが落ちた理由と言うか、落ちるに至ったきっかけは、大組閣と総選挙(特に2014年の総選挙かな)だと思っているので、そして僕の考え通りなら、こういう姿になることはある意味必然的なことだと思っているので、柊ちゃんを攻めようって気持ちはありません。

笑顔も全然、本来の魅力には遠く及ばないものだったと思います。

悩んで、くすぶって、停滞したり、場合によっては後退したり、そんなことを繰り返してもいい。

でも今の現状に負けずに、きっとその先に、再び輝きを取り戻してくれるその姿があると信じています。今現状の柊ちゃんの姿を観るのは、とても辛いし、完全に選抜を外さなきゃいけないレベルになってしまっているけれど。

まぁ選抜うんぬんの話は、あくまでも僕の観点からというところですが。

テレビで観てる時、凄く低調だったのは見間違いでも気のせいでもなかったんですなー。

土曜日の写メ会のこともって考えて公演観とこうと思ったんですけど、NMBは別日なんですね。全然知らなかったです(^_^;)


また観たくなるチーム!

先日の「想像の詩人」公演。すごく久しぶりに、また観たいって思えるチームの公演でした。

僕の個人的な好みとか、こだわりとか、めんどくささとか(笑)がありまして、どうしてもどこかが引っかかっちゃって、そういうチームはしばらく無かったんです。

現状ではチーム4が最も、それに近しかったのですが...それでも僕の中では届かず。

旧Sや旧BⅡ、さらに遡れば真木子が居たころの研究生公演のように、また何回でも観たいと思える公演でした。本当に素晴らしかったんです。

ざっくりと振り返りたいと思います。

後半エンジンがかかるイメージだったのですが、昼公演があっての夜公演だったからか「絶滅黒髪少女」からハイパフォーマンスでした。まぁこれが観れただけでも満足だったりします(笑)だってこの歌を披露していいのは、もはやこのチームしかないでしょう。

城の表情が毎回好きなんですけど、この日もすごくカッコ良くて良かったです。

「黄金センター」になった時に、スイッチが切り替わるのがまた良いんです。そして背の小ささを感じさせない、やまりなのパフォーマンス。不思議な感想かもしれませんけど、安心しました。

「サングラスと打ち明け話」の時には、さらにエンジンがかかり、そして何よりも楽しい気持ちが伝わってくるパフォーマンスでした。この楽曲、振付が大好きなのもあって、めっさ楽しかったです。

「明日は明日の君が生まれる」。城ちゃんはこういう楽曲も出来るんだなーって思ったりしたんですよね。屈託ない笑顔とか、「絶滅黒髪少女」の時のような力強く締まった表情とか色んな魅力があると勝手に思っていますが。個人的には、カッコいい楽曲が一番合っていると思っています。

そして、単純にルックスが一番好みなゆうみん、良かったな。

「ハート型ウイルス」。思っていた以上にやまりながハマっていて、良かったです。いつものようなパフォーマンスよりかは、可愛く魅せるというような方向性に寄せていたとは思います。みぃーきもまいちも良くって、誰がセンターに立っても問題ないレベルであったと感じました。

「純愛のクレッシェンド」。実は旧BⅡが自分の中では良すぎたので、どうかなー?って思いもあったのですが、杞憂でした。めっさめさ良かったです。気持ちが前面に出て、力強く情熱的なあやてぃん。艶っぽく全身から色気が出るパフォーマンスのめぐみん。あやてぃんは特に下半身の使い方が上手いなーと感じました。

その2人に挟まれて、一歩遅れを取ってしまった格好のれいな。ただ、れいなはこの日全体を通して探っていたと言いますか。表情とか魅せ方を工夫しようとしていたように感じました。その分、ダンスの力強さとかそういった部分で欠けてしまったのかなと。成長過程におけるポイントなのかなって思っていました。

単純にちょっと体調悪いのかなーって感じに見えなくもなかったんですが、きっとそれは気のせいかなと。

「となりのバナナ」。呼吸が合ってたという意味合いも含めて、かなり良かったと思います。ただ、てるみーはこの楽曲だけでしたね。公演を通してと言う観点では低調なパフォーマンスであったと思います。何故か松岡にこういう感じのイメージが無かったんですけど、楽しそうな可愛らしい雰囲気がとても似合っていました。

「泣きながら微笑んで」。機材トラブルで弾き語りじゃなかったんですけど、日頃からこのスタンスの方がいいんじゃないかな?って感じるくらいに良かったです。生で観るのと、配信で画面越しに観るのはそりゃあ全然違いますけど、弾くのをやめて単純に歌うことに注力できた方がなっつの魅力がより生きるんじゃないかって感じただけです。

「初めての星」からの後半戦によりエンジンがかかってくるのが、僕が思う良い公演の一つの要素だと思います。しかも昼夜公演で、夜公演も開演から飛ばしているのにも関わらずです。特に後半から良かったのが、やまりなとまいち、ゆうみんでした。

やまりなは全身を本当に上手に使うというか、先述しましたけど、背が低いことを全く感じさせないんですよね。すごくダイナミックなパフォーマンスであったと思います。やまりなはこっからアンコール~終演にかけて、益々良くなっていきます。少し前半おとなしかったかもね。

アンコールの「会いに行こう」なんて、その真骨頂だったかなって感じがしました。どういう動きしてるのかな~?って足元の辺りが観たかったのですが、ちょっと僕の位置からは見えなくて....ただただやまりなの姿を追ってはいました。この楽曲の時だけ目が合ってたような気はします。気がするだけですよ(笑)

ゆうみんは僕にとってルックスが単純に好みと言うだけで、あまりパフォーマンスは...って記憶だったんですけど、こんなに激しく踊れたんだって思えるほど高い熱量を感じられるものでした。まいちも印象としては一緒で、あんまり良かったって記憶じゃなかったんですけど、力を抜かずに走り切るパフォーマンスであったと思います。

ちなみに後半からすごく良くなったという意味合いで3人を挙げましたけど、城ちゃんとめぐみんは開演からずっと良かったと思います。ちょっと語弊がありますね。てるみーとちょっと迷いがあったかな?と感じたれいな以外はみんなすごく良かったですけど、特にこの2人は公演を通して良かったと思います。

そういう点では、(れいなは試行錯誤している感じで別に悪いという印象ではないので)てるみーだけが追いついていなかったのが残念ではあります。

お見送り会でしたっけ?最後のハイタッチの代わりと言えるようなの。あのときはとにかく全員にありがとうとしか言えなくて、しかも声ちっさいから、多分メンバーには、ただただ頭を下げて通り過ぎてるおっさんに映ったことと思います(笑)

たくさん伝えたいことはあったのにな~。本当に頭の回転も悪く、声も通らないからああいうのダメです(T_T)

最初に挙げました、旧Sや旧BⅡに比べるとまだまだまだまだですけど、この先をもっともっと観たくなる、そういうチームでした。なのに、それがもう観れなくなるなんて...

そのままチームとして昇格してほしかったな。真木子が居たころのSKE研究生にも同じように思っていましたが。


想像の詩人出張公演終了

入場はものすごい後でしたけど、それはどうでも良いとして、めっさ良かったー!

手すりの近くに立ったのは、本日もやや調子悪く立ち続けるのが厳しいと思ったから。

ですが、彼女たちのパフォーマンスに、手すりに寄りかかりながら観るのは失礼だと結局使いませんでした。

誰か一人は選べないけど、途中からかなーり追ってしまったのは、やはり"やまりな"でした。

とりあえずめっさ良かったことだけでも記しておきたかったのです。

iPhoneから送信

今しか!想像の詩人

(あくまでも僕が観ていた時点で、僕の観点で)NMB48の唯一楽しい公演。

と言うか、大組閣とかいうやつの後は全グループで唯一楽しめた公演。

NMB48研究生公演。

それが「想像の詩人」公演と公演名が決まり、今回の出張公演。

休みとも被り、こんなチャンスない!と、決まった時絶対に当選する!って勝手に決め込んでました。

そして、

抽選の結果、以下の公演に当選いたしました!!
 2015年02月08日(日) 17:00~ 「想像の詩人」出張公演

やりましたーー!!

研究生が全員昇格という事で、本当は喜ぶべきなんでしょうね。

でも、BⅡが解体された時のような気持ちに近しくて、残念な気持ちの方が大きいです。

幸いなのは、僕自身が公演から離れていたこと。

楽しくて観続けていたとしたら、きっとせっかくのチームが解体されてしまったと嘆いたことでしょう。

(密かに何回か単品購入で観てましたが)公演を観てなかった身分なので、全員昇格に関して勝手ことも言えませんが、このチームを劇場で観るチャンスに恵まれてとても嬉しいです。

寂しい生活に(笑)楽しみが出来ました(≧∇≦)

予習のために単品購入か、ちゅばの卒業公演も観たいから月額で入るか、悩みどこです。

iPhoneから送信
最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR