SKE武道館コンサート感想&セットリスト

昨日は、SKE武道館コンサートでした。

ちょっとまとめる時間がなくなってしまったので、遅くなってしまいましたが、昨日のセットリストと感想です。

セットリストだけでいいよ!って方がいらっしゃるかと思いまして、とりあえずセットリストを。ちなみに、憶えていなかった部分は、相も変わらずモバイルを参考にしています。

ーーーーーーーーーーー

影アナ:木本花音

M0 Overture
M1 仲間の歌(全員)

MC

M2 SKE48(全員)
M3 バンザイVenus(全員)
M4 パレオはエメラルド(全員)
M5 強き者よ(大矢、加藤る、菅、須田、中西、井口、佐藤聖、佐藤実、松本、矢方、山田澪、磯原、内山、木本、斉藤、二村)
M6 青空片想い(木崎、木下、松井珠、松井玲、石田、高柳、向田)
M7 ごめんね、SUMEER(木崎、木下、松井珠、松井玲、石田、高柳、向田)
M8 ウィンブルドンへ連れて行って(江籠、古畑、新土居)
M9 眼差しサヨナラ(古川、北原里)
M10 Darkness(石田、木下、木崎、松井珠、竹内、都築、斉藤)
M11 雨のピアニスト(大矢、松井玲、須田)
M12 フィンランド・ミラクル(金子、向田、磯原)
M13 狼とプライド(木崎、木本)
M14 思い出以上(梅本、松井珠、菅)
M15 クロス(矢方、高柳、山下)
M16 嘘つきなダチョウ(佐藤聖、石田、中西)
M17 みつばちガール(チームE)
M18 孤独なバレリーナ(チームKⅡ)
M19 Innocence(チームS)
M20 恋を語る詩人になれなくて(チームS)
M21 制服の芽(チームS)
M22 兆し(チームKⅡ)
M23 ウイニングボール(チームKⅡ)
M24 ワッショイE!(チームE)
M25 逆上がり(チームE)
M26 チャイムはLOVE SONG(加藤る、加藤智、佐藤聖、佐藤実、磯原、斉藤、市野、犬塚、荻野、日置、藤本、宮前、山田み+東を除く6期生18名)
M27 片想いFinally(大矢、木崎、木下、須田、松井珠、松井玲、石田、高柳、古川、松本、向田、内山、金子、木本、岩永、江籠)
M28 キスだって左利き(北原里、鬼頭、菅、中西、後藤、矢方、山田澪、柴田、高木、竹内、都築、古畑、山下、新土居、二村、松村)
M29 アイシテラブル!(加藤る、北原里、鬼頭、菅、出口、中西、阿比留、井口、加藤智、後藤、佐藤聖、佐藤実、矢方、山田澪、磯原、内山、梅本、小林、斉藤、柴田、高木、竹内、都築、古畑、山下、市野、大脇、新土居、二村、松村、宮前)
M30 チョコの奴隷(全員)
M31 1!2!3!4!ヨロシク!(全員)
M32 オキドキ(全員)
(以上、怒涛の31曲連続披露)

MC(こあみが31曲すべてを読み上げる)

M33 今日までのこと、これからのこと

EN1 初恋の踏切(正規メンバー)
EN2 ピノキオ軍(全員)
EN3 掌が語ること(全員)
EN4 手をつなぎながら(全員)

ーーーーーーーーーーー

以上のようなセットリストでした。チーム名で書いてあるのは、すべて新チーム体制でのメンバーです。

では、ちょこちょこと印象に残ったことなどを。

まず、しょっぱなですね。まさか、一曲目から「仲間の歌」が来るとは思いませんでした。大いに盛り上がらせていただきましたが、ここでMCが入って早いな~と思ったら、どおりでのセットリストです。

31曲連続の最初となったのが「SKE48」。最近、幸いなことにこの楽曲を生で聴く機会が多くて嬉しい限りです。

シングル5連発。このあたりから、本格的にメンバーにもエンジンがかかり始めたように感じました。特に、「強き者よ」からは全員での歌唱ではなくなった分、こちら側としてもパフォーマンスを把握しやすいというのもあるかもしれません。

珠理奈がセンターでの「青空片想い」、そして「ごめんね、SUMEER」と、最高でした。

「ウィンブルドンへ連れて行って」は、盛り上がること間違いなしの人選と言っていいんですかね?個人的に、奈和ちゃん、ゆーな、さやかとコールしましたが、良いのかな?新土居ちゃんは、無料キャンペーンでモバメ取ったのもあって、声援に熱が入りました。

そして、「眼差しサヨナラ」。いつまで引きずるんだ!!って話かもしれませんが、まだちょっときたりえが、ってのが受け入れがたかったですね。なんか、僕ときたりえの相性めっさ悪いです。いつも、きたりえ自身は問題ないのに、僕の心境とマッチしないことが起こるんですよね。それは置いておくとして、あいりんの歌声が本当に素敵で、昨日も聴き惚れていました。

ガイシの時に初めて生で観られて最高に嬉しかった「Darkness」。今回は、歌唱メンバー発表時に入ってほしかったメンバー、真木子とりかちゅうが出演。特に、りかちゅうは良かったと思いますが、最高だったのがゆっこでした。ゆっこは、全体を通して素晴らしかったですが、この楽曲震えるほど良かったです。

「雨のピアニスト」も良かったです。リクアワで入ってなくて残念な気持ちだったのもあり、ここで披露してくれて観ることができたというのはとても嬉しかったです。玲奈も気合入ってましたね。

きょんが一番上手かった「フィンランド・ミラクル」。金ちゃん、頼みます、頑張ってくれー!(心の叫び)そして、「狼とプライド」。ある程度見えなくても、コールしやすいのもあってか、会場全体がかなり盛り上がった気がします。

ここからの3曲がまた良かったです。

「思い出以上」は珠理奈がセンターなので、僕得なのはもちろんですが、梅ちゃん、なんなんが固める両サイドがまた良かった。特に、梅ちゃんは仕上がり抜群だったと思います。僕の方からは少し見えにくい位置だったんですけど。単純に、ああ、すごいな。って。

「クロス」は、また文句なしの3人による披露。正面から観たかったな~ってのが唯一の欲ですかね。この楽曲は、やっぱりちゅりの存在感がすごく際立っているな~と、思ったりします。

そして「嘘つきなダチョウ」で、まさかの(?)にしし登場。これがまた素晴らしかったんですよね。本当に本気。本人、物凄く楽しかったんだろうな~ってのもありますが、やりきってましたね。にししが楽しんでる姿が鮮明に残っていますが、当然のことながら、安奈と聖羅も素晴らしいパフォーマンスでした。

ここからは、新チーム体制での楽曲披露。

ポジションがはっきりと分からなかったのですが、抜けたメンバーのところに新しいメンバーが入ったという感じだったのかもしれません。ちょっとね、こういう時方向音痴なのと原理的には一緒な気がするんですけど、正面から捉えないとよく分からなくなっちゃうという現象がおこりました(^_^;)

Eは、センター花音。KⅡは、センターちゅりで、しおりんのポジション(2番手)に阿弥ちゃん、3番手にきたりえだったと思います。Sは、センター珠理奈。そうそう、玲奈は2列目にいました。

これは、昨日だけのフォーメーションだったのかな?と。きちんとした形は改めて考えるのではないかな?といったところです。

どのチームが飛びぬけて良かった、良くなかったは無かったですが、KⅡが一歩リードしていたように感じました。全体のバランスが取れていたような印象です。

ただ、前出の通り、どのチームも良くなかったわけではなく、かつ、この先に大きく成長を感じることのできるパフォーマンスだったと思います。

特に印象に残っているのが、「みつばちガール」歌唱時の花音の表情。なんというか、現チームEの想いをいい意味で残しつつ、新しいチームでの想いも込めてのといった、力強く、真っ直ぐな瞳に、柔らかい表情をしていたように感じました。

そして、別記事にしましたが、「Innocence」です。もう、最高としか言いようがないです。ちょっと、このあとの記憶が飛ぶくらい、気持ちを持っていかれました。となりつつも、やっぱりあきすんの歌声が素敵だなというのは、しっかりと感じていたりします。

チーム曲披露後の「チャイムはLOVE SONG」は、研究生主体(主に6期生)のものでしたが、非常にパワフルで、ダイナミックで、素晴らしいパフォーマンスでした。目の前で観られたというのもあってかもしれませんが、おぎりーがすごく良かったと記憶しています。

最後はシングル6連発。

「片想いFinally」での玲奈のパフォーマンスの高さと、「キスだって左利き」で見た、かおたんのあれ?パフォーマンス落ちたかな?というのが強い印象です。

また「チョコの奴隷」での、各チームごとのステージというのは、すごく見せ方としても良かったなと思います。

終了後、31曲、そのすべての楽曲名を発表した、こあみ。さすがに大変そうでしたね。

31曲連続での披露は、SKEらしさ全開と言った感じで非常に素晴らしいものだったと思います。どの楽曲でも、そして、後半になってもむしろ上がってくる一方で、パフォーマンスの質が落ちないというのが魅力の一つではないかな?と。

個人的には、この31曲連続で臨んだこと、ある意味でMCは捨てたと言ってもいいかもしれないですが、それだけで、十分に最高の内容であったと思います。

このインパクトが大きすぎたからか、そのあとのセットリストが多少、弱く感じてしまった(ってか、最後の三曲が大体一緒だからか)かもしれません。後から振り返ったときに、そこまで強大なイメージとして浮かび上がらないので。これは、楽曲の好みとかにもよって、千差万別だとは思いますが。

「掌が語ること」は、披露されるタイミングがいつも気になってしまうんですよね。でも、珠理奈の表情は、またいつになく魅力的で、それだけでも大満足です。

前方の女子高生が、公演中に飲食したり、携帯いじったり、最終的にゴミをすべて置いていったというのが、本当に残念すぎました。だって、こんな何でもない人のためにSKEファンは...とか、SKEは...なんて言われたら、最悪です。

余談でした。

さて、昨日特に良かったのは、ゆっこ、きたりえ、にしし、玲奈、るみ、りかちゅうです。

きたりえと玲奈の二人と、ほかの四人では、実は自分の中の評価の基準が違いますけど。

結果的に、あれだけのパフォーマンスを魅せてくれた根幹を考えると、やっぱりにししの存在が強いのかな?と。そう思うと、昨日のMVPは、本人のパフォーマンスも素晴らしく良かったですし、にししってことになりますね。

珠理奈は推し補正も入ると思いますし、対象に入れずに考えてみました。

サプライズなるものは別になくて良かったですが、新曲はどうするのかな?という点だけが引っかかります。全握で発表するんですかね。

ちょいと追記です。

そういえば、センターステージの白黒の模様が、最終的に一面オレンジ色になってました。ってのを書き忘れたのと同時に、今日のNMBの公演では、特に変化しなかったようです。何か意味があるのかな。ないんだろうな...。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

じゅりまさむねさん ありがとう

セットリストと感想ありがとうございました、

しっかり 記憶を 呼び戻しつつ 拝見いたしました

じゅりたんは 勿論ですが、

玲奈さんの頑張りが 印象に残りました

首痛になるくらい頑張った 雨ピ せくしい~でした、

新しいEでの みつばちガ-ル姿は ちょっと可愛すぎました~。


眼差しサヨナラは ガイシの余韻を 思い出にしたかった、、

そんな 気持ちがありましたが、

あいりんさんが ブログで すっごく喜んいたし、

北原さんと また歌いたい とメッセ-ジあったし

新たなコンビでの 眼差しサヨナラを 心から祝福したいと思います。


初恋の踏切は、今回で 知った曲でした、

オキドキのこと含め 色々 知れてよかったです。、



SKEファンのモラルを守るべく

人が捨てたゴミを 持ち帰る じゅりまさむねさん

SKEを愛する心、私も 見習わせていただきたいと思います 

泣いた……>_<…

ちゃんとゴミを拾って帰るなんて…

エライ!

感動して泣けてきた…

わしも見習います。はい。

ありがとうございます

げきからおやじさん、

玲奈は、ダンスが苦手なこととか練習量が少ないとすぐに見て分かることからも、今回は相当気合入ってたんだろうな~と思います。

個人的に玲奈と言えば、枯葉ではなく「雨のピアニスト」なので、それが披露されたこと嬉しかったです♪

「眼差しサヨナラ」。
きちんと受け止めて、きちんと前向きに進む、げきからおやじさん、やはり素敵です。

初恋の踏切、お初だったんですね。
それは、そのあとの会でも色々とお話があったりしたんじゃないですか(^O^)

今回は確信犯ですが、どうしても気づかぬ間に落としたりとかもあるとは思うので、出来るだけ拾うようにはしています。そんなところで評価を下げたりしたら、もったいなさすぎますから。

さむらいさん、

いや、きっとあんなでかでかとしたゴミを目の前にしたら、ほっておけないと思いますよ。

でも、コメントくださいましてありがとうございます。 
最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR