スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初参戦!乃木坂46ライブ~西武ドーム~

流石にあの時間を楽曲ごとには振り返れないです。

どの楽曲の時に近くに来てくれたかとか、若干あいまいだったりしますし...。

とりあえずとっても楽しかったんです。うん、寒かったわけですし8時間弱ってのはかなりの長丁場。体調も完調ではなかったのもあって不安だったりしたんですが、始まったら寒さも本当に感じませんでしたし、まだ続いても大丈夫なくらい元気でした。もう終わっちゃうのか~ってくらいなもんでしたから。

思ったことを時系列とか関係なく、記憶に残すためにも記しておきます。

なんだかんだ、結局のところずっと生駒を追ってました。どうしたって見えない、スタンドをカートに乗って移動してる時でさえもあそこにいるーって追ってたくらいです(笑)

期待はして行ったんですけど、ちゃんと期待以上に良かった。特に、「制服のマネキン」の生駒は最高すぎました。不思議と涙が出そうになりましたもん。肉眼で表情は見えませんでしたがパフォーマンスはしっかり確認できる距離感で、もう幸せでした。あ、ちなみにですね。座席はアリーナで、センターステージとバックステージのちょうど中間くらいでした。

生駒は「命は美しい」の時もすっごく良かったですね。まぁずっと良かったんですけど、特にって意味で。

で、「命は美しい」と言えば、玲奈が素晴らしく良かったです。玲奈は出演時間かなり限られていましたが、もう本当に良かったです。さすがにしっかりと乃木坂46色(のパフォーマンス)になっていましたし、それでいながらちゃんとSKE48らしさも感じることが出来て、改めて尊敬です。

表情が肉眼で確認はできないくらいの距離感だったということで、僕が観たかったメンバーの一人、西野の魅力を味わえなかったのは残念です。あくまでも僕の中でですけど、西野は表情が秀逸なんですよ。なので、表情が見えてこそ魅力を最大限に感じられるんですよね。鳥肌が立つくらいいい表情をするので、それは味わってみたかったな~。

なので、ソロ曲とかも歩きながら歌うよりも、同じ場所に立って歌う方が良かったんじゃないかな~?と勝手に思ったりしたわけです。ソロ曲は特にですけど、全体を通して若干表情硬かったようには感じました。モニターで観ていた限りではありますが。

さらに完全な余談ですが、僕個人としては乃木坂のセンターは西野がベストだと思います。個人的な好みなら、当然のことながら生駒なんですけどね。なんて言うんですかね。生駒だと乃木坂にはちょっとパワフルすぎる気がするんですよね。生田だと少し弱い。白石も同様です。パフォーマンスのパワーバランスとルックスと歌と、バランスを考えると西野が最適かな~?って勝手に感じております。何と言っても何度も言いますが、表情のパフォーマンスが(僕の中ではですけど)別格に良いですから。

さて脱線しましたが、話題に出ました生田。僕の同僚が大好きなんですよね。だから自慢してやろうと思って、たくさん観ようとしたんですが(笑)なっかなか、捉えられず。生駒追ってたからじゃね?っていうまっとうな突っ込みが聞こえてきそうです(笑)

ソロ曲のこの日の仕上がりと言いますか、それは生田が一番だったと思います。メインステージは遠かったですが、歌声とピアノがメインで聴ければ全く問題ないですからね。実際緊張とかもしてたでしょうけど、それをあまり感じない落ち着いた感じで、とてもいいパフォーマンスであったと感じました。

メインステージは遠かったつながりって訳でもないですが、メインステージで披露されました「他の星から」。遠かったのに不思議ですが、この時の中田が抜群に良かったと思います。この距離感でも感じられる、そのパフォーマンスの良さ。自虐的に2ndの頃がピークだったというようなことを言ってましたが、まだまだピークは過ぎてないと思いますよ、中田さん。

そして、このライブ中にものすごく良かったメンバーがまた一人。若月。僕が観ている映像のそれは、気持ちは入ってるんですが、少し気持ちだけが先走っちゃってる感じでどうもバランス悪くて。ですが、今回目の当たりにしたその姿はその頃とは大きくかけ離れたものでした。ものすっごく良くなってました。

生駒の次にその姿を追ってしまっていたメンバーだと思います。で、休憩中の記事に書きました、同時に観たいメンバーが来るってのは、まさにこの2人のことです。後ろを生駒が通り、振り返りたいけど前では若月が素晴らしいパフォーマンスを魅せていて、観てたいし後ろを向くのは失礼だし。でも生駒も観たいという葛藤でした(笑)

この流れの中に書くべきか。僕にとってこのライブの最大にして唯一の汚点。それは、小嶋陽菜が出演したこと。もう本当に残念でなりません。もはやこじ坂というものの存在自体が残念ですし、アルバムに収録されていることも残念です。その上ライブにも...。本当にテンション下がりました。生駒も出ていますからパフォーマンス中はあれでしたが、トークに入ってからは当然の着席です。

会場全体は沸いていましたので、僕は希少な存在で大抵の方は喜んでいたと考えていいのかな、と思います。

それから、休憩中もメンバーが出てきてくれたりしたんですが、ファッションショーみたいのやったんですよ。なんかテンション上がらなくて、ライブであんなに楽しくてテンションも上がってたのになんでだろう?って思ったら、別にルックス的なことに僕が興味が無いからだったんだと気づきました。

西野も基本的に歌唱時の表情とかが好きなだけで、可愛いとは思いますけど。なんと言うか、そういう単純なルックスみたいな部分では別段と興味はないんですよね。

登場したメンバー内で単純にルックスで言ったら、斉藤飛鳥が一番だと思います。

メンバーを否定したりとかってつもりではなく、僕の観点がちょっとずれてるんだというお話です。大いに盛り上がっていましたし、あの寒い中、休憩中にもかかわらずそういう企画をしてくれたメンバーには純粋に感謝しかありません。

重ねてになりますが、その休憩中とかってだけでなく、この公演を通して極寒の西武ドームで頑張ってくれたメンバーには本当に感謝です。本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました。寒く感じないとは言え、僕でさえも帰りにメールが打てないくらい手がかじかんでいましたから、メンバーも手足はかなーりきてたと思いますしね。

改めて素敵な時間をありがとう。

随分時間が空いちゃいますけど、生駒には写メ会の時に感謝の気持ちを伝えたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

乃木坂46のメンバ数人しかわからないんですけど、西野カナファンの私は、
西野つながりで西野七瀬ちゃんチェックしてますよ。
2/7のBSの乃木坂46ショーで、七瀬ちゃんのソロ曲「ひとりよがり」歌ってましたね。
歌は上手いとは言えないけど、なんか引き付けられるものがあるなぁ。
録画して何度も見てました。(笑)

僕も少しだけ

はやっちさん、

こんばんは。

実は僕も西野カナを意識したって言うか、少しそういうの感じて西野七瀬に最初興味がいきましたね。

「ひとりよがり」良いですよねー。
あの子は、とても不思議なと言うか独特な魅力があると思うんですよ。
歌唱力って言っても上手い方の意味で無く(別に下手なわけではないですが)、惹きつけるものがありますよね。

何故かはわかりませんが、そう言っていただけてものすごく嬉しい自分がいます。
もしかしたら僕の周りに、可愛いってことでしか彼女の魅力を言わない方がたまたまいるせいかもしれません(笑)

No title

残り見ました。
西野七瀬ちゃんの「ひとりよがり」確かに歩きながら歌うのはいまいちでしたね。
場所移動の時間の関係なのか、かなり早歩きだったですね。
同じ場所で座って歌うほうが良かったですね。
歌う息が白くかなり寒そうに感じました。
あの気温の中で、あの衣装は可哀そう。

感謝

はやっちさん、

そうそう、あの衣装はねー。激しく踊るとかじゃないとかなり厳しいですよね。
だから、改めてですけど、メンバーには本当に感謝です。

じっとしてたら余計寒いでしょうけど、やっぱりあの歩きながらは残念でしたよね。
なんか移動することの方に集中しちゃってる感じになっちゃって、せっかくの彼女の魅力が...もったいない。

その魅力は僕が勝手に感じているだけのものではありますけど(^_^;)
最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。