スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また観たくなるチーム?

昨日はチーム4の全国ツアーを舞浜にて観てきました。

大変ありがたいことに、記録的な意味でも記事待ってますなんて言ってくださる希少な方がいらっしゃったので、記事にしてみます。

座席は通路(出演者が乗って動くカートみたいなの?が通るところ)を挟んですぐ後ろ。センターからやや横にずれた位置でした。視力はそんなに良くないのですが、自分の座席寄りのメンバーの表情は確認できるくらいの距離でした。

通路のすぐ後ろだったので、メンバーがカートに乗ってきたときには、ものすごい近距離でした。なぁちゃん、ゆりあ、ゆかるんがきてくれたのはかなり嬉しかったな~。特にゆりあはテンション上がりましたね。

さって、ざっくりとした昨日の感想。

以前までに観ていた記憶より良かったメンバーから。

まずは佐々木。

最後に観たのが、A公演での姿だったと思うの(曖昧な記憶)ですが、その時にずいぶんと良くなっている印象を受けました。その延長線上にある成長っぷりで、僕が期待していた以上のパフォーマンスを魅せてくれました。

特に後半から終盤にかけてのすべてを出し切るような全力のパフォーマンスは素晴らしかったです。

まともに公演観れていなかったから、どうなってるかな?って気になっていたので、この姿は嬉しかったですね。

僕の席から観にくかったとかの兼ね合いもあるでしょうけど、楽曲によっての得手不得手は結構あったように感じました。

次に、岡田奈々。

以前からの成長具合の幅って意味では佐々木がそれを最も感じたわけですが、以前から高いレベルにあってそこから伸びてきたという点を考えると、岡田奈々が一番だったのかな?と思います。

相変わらずのスタートから最後までの全力さはもちろんのこと、ピシッとしたパフォーマンスの中でも遊びやアドリブがふんだんに取り込まれていて、その姿は魅力あふれるものでした。

本当に努力家で、どうしたら良くなるかってずっと考えて、それを実践してるんでしょうね。(あくまでも僕個人としては)逆に良くなくなった部分もあるかな?とは感じましたけど、それも彼女の想いに裏打ちされたものと感じられて、その先の成長も感じられて、なんだか勝手に嬉しく思いました。

まだまだ大きく成長するんでしょうね。

そして、高島。

いいお手本が近くにあるんですよね。ってか、近くに来たというか。

ゆりあピースさんの影響と言うか、彼女のパフォーマンスを観て盗んだんじゃないのかな?と思えるような、全力さの中にも緩急があり、AKBよりもSKEに近しいパフォーマンスに感じました。

ゆりあの影響を受けたとは限らないのですが、そういう方面での成長を観られたメンバーが何人かいて、その中で最も大きく成長したんじゃないかな?と思えたのが、高島でした。

西野。

全力すぎるほど全力なパフォーマンス。

最初からその感じで、よく最後まで突っ走ることが出来ること。驚きと共に、とても気持ちのいいパフォーマンスでしたが、もう少し緩急も表情もつけられるようになってくると良いのかな?と思います。

この子の「向日葵」は、もはや「向日葵」ではないですから(笑)

それはそれで必見の価値ありですけど。

とにかく観ていて楽しい気持ちになれる、元気いっぱいのパフォーマンスでした。

前述したこととは矛盾しちゃう部分でもあるんですけど、このままでいて欲しいなって気にもなるんですよね。そういう魅力のあるメンバーだと思います。

込山。

スロースターターなのかな。

前半は他のメンバーの勢いの中に埋もれてしまって、存在感が薄くなっていました。

あれ?込山ってこんなもんだっけ?って思っていたんですけど、中盤以降(ユニット終わりから)は、その存在感を感じることが出来るパワフルなパフォーマンスを披露していたと思いました。

ただ、この調子だと前述したようなメンバーの中で埋もれていってしまうような気がしなくもないので、そしてそれはもったいないんですよね。どういうっていう具体的なのが思い浮かばなくて何とも言えないんですけど、もう一歩新しい成長が、魅力が打ち出せると最高なのかなと感じたりもしました。

篠崎。

大人な魅力を引き出せていたのかってところは、ちょっと僕の目には分からなかったですが、確実に周りのメンバーと共に成長している姿を見てとれました。

西野と高島の中間のようなパフォーマンスをしていた印象ですかね。ひどく抽象的ですみません。

どちらかと言うと、高島よりにパフォーマンスが成長していくとさらに魅力的になるのかな?と個人的には感じました。

北澤。

最初に観たころ、すっごく良くて一時停滞して、そして観なくなって昨日。

良かったー。全然落ちていってなかったです。残念ながら、後方でのパフォーマンスが多くあったわけですけど、そのキラキラ感は失われていなかったです。

ただ、大きく成長したメンバーがいる中で。と考えると、物足りない印象を受けたのも事実で、努力しているのは分かるからもっと頑張れ!ってのは酷なんですけど、もっともっと高みを目指してもらいたいです。

個人的にはどんなパフォーマンスでもこなせるイメージがあるので、まだまだ伸びしろは大きくあると思っています。

ここまでが良くなっていると感じられたメンバーです。そして、判断しかねたメンバー。

大川。

いいパフォーマンスだったと思います。若干(いい時と悪い時の)波は大きかったように感じられましたけど。

ただ、判断しかねるというのは、以前までのパフォーマンスをしっかりと記憶していないから、成長したかどうかと言う点では分からないということです。

岡田奈々や西野といったメンバーがライバルとしている中と考えると、まだまだパワー不足であると言わざるをえないかもしれません。

大森。

どちらかと言うと、表情(顔だけでなくダンスも)で魅せるタイプであると勝手に思っています。

なので、それがあまり僕の角度と距離では確認できなかったんです。後方でも全体を支えるように、バランスを取ったパフォーマンスをしていたような気がします。

自分が自分が。と言うよりかは、チームとしてのパフォーマンスを重視したものであったと感じました。

小林。

綺麗になりました。

ただなんでしょうね~。良くなったところと悪くなったところと、相殺してややプラスかな?って感じの印象でして...そこまで良かったとは感じられなかったんですよね。

このメンバーの中でも、以前から気にしているメンバーの一人で、期待感が大きかったというのもあるかもしれません。そして、個人的な好みの部分が大きいのもあるかもしれません。

土保。

とても器用と言いますか、何をやらせてもそつなくこなせちゃうんですよね。

この子なんでもできるなーって。凄いなーって観てたんですけど、突出した感じがしなかったのが残念でして。以前はもっともっとパワフルで、こっちに伝わってくるものがあったんです。

なんか小さくまとまっちゃってる気がして、もったいないなって感じてしまいました。

こっからは以前までの記憶より良くなかった、もしくは以前までとか関係なく良くなかったメンバーです。なんだか、どんどん毒が凄くなってきてる気がするので、気分を害する恐れがあることだけはお伝えしておきます。と言うわけで、こっから先は自然と目には触れないように、続きに書きたいと思います。

なので、少しすっ飛ばして全体の感想。

以前のチーム4に比べて、明らかにチーム力は低下したと思います。チーム全体から伝わってくるパワーや想い、迫力はもちろん、一体感も薄くなりました。また、踊れるメンバーとそうでないメンバーとの格差が大きくなったこともそういう要因の一つかな?と感じられました。

まだまだ上を目指し走り続けているメンバーと、現状維持でいるメンバーに、はたから見ての温度差があるのは当たり前の話かと思います。

なので、また観たくなるチーム。ではなく、また観たくなるメンバーが多くいるチームと言うのが、この公演を観ての僕の感想と言うことになりそうです。

ただ、これだけ輝くメンバーがいるチームはそうそう無いと思いますので、そういった点から考えると、また観たくなるチームと言う表現で良いのかな?とも思います。

個人的な好みの問題で、フォーチュンクッキーと完璧ぐーのねはいらなかったですね。前者は元々個人的に嫌いなので、こうことあるごとに披露されると、ますます嫌になりますよね。これからも披露され続けるんでしょうけど。

舞浜駅に降りなきゃいけなかったり、イクスピアリを通過したり、僕には苦痛でしたが(笑)とても良い会場なので、また機会があると良いなとは思います。

一人触れていないメンバー。

ゆりあ。

体調不良明けというのもあってか、すこーし動きが悪かったかな?と言う感じはしました。

でもそれ以上に、ギラギラしたものが感じられなくなったと言いますか、丸くなっちゃって。後方支援ってのが合ってるかは分かりませんが、チーム全体を支える役目を主に担うような姿勢を感じられました。

決して悪いことではないんですけど、SKEにいるときとそれほどポジションが変わってないといいますか...わざわざAKBでそのポジションをやるために移籍したの?って思えてしまって、なんだか切なくもなってしまいました。

若干の動きの悪さってのは感じましたけど、本質的な部分のキレとか緩急だったり、表情だったりってのはしっかりと感じ取れて、それは単純に嬉しくて、ゆりあ観れただけでも来て良かったなって思えました。
では戻りまして。

村山。

以前の記憶が美化されているのかどうかは分かりませんが、もっとキレがあって想いが乗っかってってパフォーマンスをしていたと思うのですが。

何でしょう。そんなことは無いんでしょうけど、どこか迷いがあって、そのパワーが分散してしまっているのかな?って感じの少し抜けたようなパフォーマンスが目立ちました。この公演中、ずっとそうだったというわけではないんですが、そういうのが意外と印象に強く残っちゃったりするんですよね。

「ジッパー」で岩立に喰われちゃダメです。逆転すること期待してます。

岡田彩花。

可愛くなりましたね。髪形の問題?よく分かりませんけど。

ただ、残念ながら僕の印象ではそれだけです。

加藤。

一度、だいぶ踊れるようになった(それまでがひどすぎたというのもありますけど)と感じたんですけどね。まあまあこんなもんでしょ。

とりあえず「スキャンダラスに行こう」をゆりあと組むのなら、それ相応の努力をしていただきたいと思います。

ゆりあの一人舞台で、ずっとゆりあを観ていれば良いというのは、それはそれで助かりましたが。

佐藤。

以前と変わってませんね。まったく踊れてません。

前田。

フリが抜けすぎです。踊れてもいませんし、長身なのは諸刃の剣と言うか、有利にも不利にも働くんですよ。それを有利に出来るかは自分次第で、もちろん不利な要素にしてしまうのも自分次第。

峯岸。

ほとんど印象に残ってませんが、「純愛のクレッシェンド」は、思った以上に踊れていなかったので、センターを高島と代わったらどうでしょうか。

そして、こっからはワーストの3人です。

茂木。

もうほんっとーに踊れていない。踊る気も全くなく、まるで小嶋陽菜のようです。結構目立っちゃうから、余計にチームとしてのバランスを崩しますし、以前までの踊れていないという記憶に輪をかけて踊れていませんでした。

向井地。

どーしてしまったんでしょう。

パフォーマンスも高いレベルにあるメンバーだったのに。まったく踊れてませんでした。振りは小さいし、動きは緩慢で、大島優子の後継者なんてとんでもない。

テレビには出れてるし、選抜にも入りましたしで、もうどうでもよくなっちゃったのかな。

記憶からの落差と言う意味でショックが大きかったです。

岩立。

センターであるユニット曲「ジッパー」では、メンバー構成の問題もあるかもですが、一番の存在感を魅せていました。

が、全体曲で後ろの方になると、明らかに手を抜いているパフォーマンス。抜いているのか、抜けているのかってのが難しいところですが。

目立つとこだけでアピールして、目立たないところで手を抜くパフォーマンスが嫌いなんです。少なくともユニット曲のセンターで踊ったくらいはできるんだということが確認できているだけに、その気持ちに拍車をかけますよね。

今回感じたままの姿が=公演での日々の姿であるのなら、加藤以降に書き記したメンバーは公演には出演しないで欲しいところです。と言っても、お前普段観ねーだろ!って言われてしまえば、その通りでそれまでのことなんですが。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お疲れさまです!

すげーー

想像をはるかに超えた量でしたよ!

お疲れさまですm(__)m

茂木、向井地に関しての感想が、大分を見ての私の感想とは少し違うなーって印象でした。
あとは岡田奈々と西野未姫に関してはほぼ異論なしで、
他は、私よりじゅりまさむねさんの方がきっと見えてるだろうから私じゃわかんない★

岡田彩花はデコ出しが幸いしたのかいつもなのか、キレイだな(見た目)と私も思いましたね。


んで、
一番おお!と思ったのは

また観たくなるチーム。ではなく、また観たくなるメンバーが多くいるチーム

って所!
スバラシイ
これですね!ナルホドネ!!ソウダネ!
確かに!!


というわけで、その部分だけでも記事を作ってもらえたおかげで得られた部分ですし、
それ以外にもホント想像以上に豊富な内容でしたよ。ありがとうございました!

次の記事がまた楽しみになっちゃうな~~☆

追伸

この量、内容に対して、申し訳ないくらい感想を省略しました。すみませんm(__)m

ちょっと取り急ぎました(^^;)

なんとなくお詫びしたくなったので追伸しました。
ではまた来ます!

ありがとうございました!!

よくぞ書いて下さいました

アップカミング公演
あたま3曲は見られませんでしたが、自己紹介から見られました。
アンフィシアター、いい会場ですね。
しかし円形劇場のようなかたちで開放感がすごくあるので
熱量が散りやすいようにも見受けられました。

正直劇場で見たほうが熱量は段違いに伝わったし涙止まらなかったし。
劇場と比べんな、ですよねそうですよね


さてさて。

まず、各メンバーに鋭く論評ができるブランクの感じさせなさに脱帽です

さっほーが後列で手抜きしていたとしたら、あほです
サイドまでぐるりと取り囲まれたあのステージで手抜きしたら
劇場よりもはるかに悪目立ち。

みーおんは劇場で見たときが最高すぎたので
そうなっているならショックすぎます。いい思い出化しておくか

さとうきあらさんは前よりよくなった…というか前がステージあげんなよ
レベルでしたからそれよりは、とは思うのですが
悪い先輩の悪いところを吸収しているみたいな感じ

ゆりあちいさくまとまんなよ←まさにコレ。
ステージは久しく見ておりませんが、このところの活動でそう思ってます。

ゆいりーブレちゃってるんですね。
ゆいりーはぶれやすそーなのにいつもブレないアンバランスさも気に入ってました
いちどブレだすとブレる要素しかないので心配。

かとれなはかつての最低ランクを知っているだけにがんばってるなーと
なぜかハードルを低めに設定してみてしまうんですよ。
チームSにまなつ入っておーがんばってんなーみたいな。違うか。

ですよね!
みゆぽんは全体バランス考えてやっちゃうタイプですよね!
どうやってみゆぽんを表現するか…その手があったか!って感じでした

個人的にはさっきーの伸びしろあまり見えてないので
予想を裏切って成長を期待しています。


今回は書き散らしてみました。
毒があってもなくてもいいんでまた記事待ってまーす☆

抑えました

和さん、

コメントありがとうございます。

そして長々とした文章を最後まで読んでくださったようで。

しかしながら、実はこれでも短くまとめました(笑)書いてて疲れちゃったんで←

茂木は僕の中ではずっと変わってないですけどねー。向井地は全然違ったので、この日がだったのか、僕の目がおかしかったのか。どちらにしろたまたまだったことを願います。

僕の方が見えてるかは分かりませんけど、人それぞれの意見があってしかるべきということで☆

ちょっと残念でもあるんですけどね、チームとして観たくなるって言うとなんか違うんですよね。その結果出てきた答えでした。

また観たくなるメンバーは本当に多いと思います。

>次の記事がまた楽しみになっちゃうな~~☆

あるかは分かりませんが(^_^.)ありがたいお言葉をありがとうございます。個人的にもまた書けるといいな~とは思っております。

お恥ずかしい限り

おどぱ!さん、

コメントありがとうございます。しかも、こんなに濃い内容でいただきまして。

お褒めにあずかり光栄ではありますが、とんでもないですよ。僕こそ書き散らかしているだけですから。

熱量が散りやすいか~。うん、そうかもしれませんね。どこにいても楽しい反面、いろんなところにその熱量が分散するのかもしれません。

全ては個人的に感じたことですので、そんなことは無かったのかもしれませんけどね。向井地に関しては、僕も記憶の中がかなり良かったので、そことの格差が大きすぎましたね。しかし、大分を観た和さんは感じ方が違ったので、たまたまか、僕の感覚の問題化もしれません。

加藤は、僕もハードル相当低いですよ。だから、前に比べたらずいぶんよくなったとは思います。でも、記憶上のそれより伸びてはいなかったですし、ゆりあと並ぶようになったのならそんなところでは全然ダメだと思います。ってか、ゆりあと並ぶ前からですけど、余計にってところで。

佐藤に関しても一緒です。劇場に立ち始めたころよりかは...ですけど、それより良くなってはいなくて。そんな底辺で成長が止まるってのは。

北澤はね、多少ひいき目とか希望的な想いが入ってしまっているかもしれません。

ある程度は定期的に記事を書けるように復活できるといいんですが。

思うことはたくさんあるんですけどね、なかなか記事にできずにいます。
最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。