大組閣~NMB48~

大組閣において、グループとして一番の被害を被ったのがNMBだと思います。これからの光であるBⅡが無残にも破壊されたということもですが、そうしたことをした割には、NやMに魅力的な変化を起こせてはいないこと。

これは、NMBの運営がダメなのかな?昇格させるべき実力ある研究生もそのままに、(グループ内だけで見てみても)センスが全く感じられない組閣です。

これからのメンバーから光が奪われないことだけを願うしかなさそうです。

チームN。

新公演が始まったということで、まだまだこれからというところですから、ファンの方からしたらこの組閣の無念さったら、ハンパないことと思います。

ただ、僕からすると新公演をもらえてもあの程度のパフォーマンスに留まってしまうならば、組閣はした方がいいという考えになります。

そもそもがあの新公演。全然セットリストがN向きとは感じられませんでしたからね。

しかしながらにこのチーム。何とも言えませんね。せっかくのメンバー(うーかやちゅば)も移籍してきたのに、ちっともチームとしては面白そうではないです。

グループをまたいで移籍しきたのも、AKBではここのところ踊れるようになったとは言え、それは最低ラインを越えただけのゆきりん。そして、HKTに於いても踊らないメンバーに属する村重とプラスになる要素は感じられません。

ケイラは踊らなくなってしまったし、古賀、西村は先輩に潰された形で、研究生の頃のあのキラキラした面影は一切なく...。踊れるのは、兼任の2人、さや姉と小谷。それから、なんとか上西というくらいで。

そんなメンバーが中心となったこのチームに、BⅡにて光を魅せ続けていたメンバーが5人。

正直その光よりも、包み込む闇の方が大きい気がして、またせっかくのメンバーが埋もれていってしまうのではないかという心配しかありません。

上西のキャプテンシーはよく分かりませんが、そのかじ取りとゆきりんがどれほどチームに絡んでくるかが大きく命運を左右しそうです。もし、BⅡからの5人がこれまでのようにいられる状況を作れれば、もしかしたら先につぶれてしまった、古賀、西村の両名も輝きを取り戻せるかもしれません。

そうなったとしてもようやく半分のメンバーが踊れるというだけなので、だいぶ先は暗いかなぁという印象です。

菊池が辞退してくれたことにより、懸念材料が一つ減ったのは不幸中の幸いと言えるかもしれませんが。

チームM。

ほぼほぼ現行のメンバーが名を連ねています。大組閣って言うから何か変えなきゃ程度の無理矢理な異動にしか感じられず。本来は特に変える気なかったんじゃないのか?と。Nにも感じたことですけどね。

だから、どうしたかったのかってのが全く見えないセンスを感じられないこんな結果なんじゃないかと。

現在急成長中の、ほのり、あんちゅ、そしてアイドル力を高く誇りながら、努力の足跡をきちんと示したきたりなっち。この3人がつぶれないことを、やはり考えずにはいられません。

ただしユニットのセンターでありながら、全く踊らなくなってしまったケイラを放出できたこと。代わりにBⅡから踊れる3人が加入したこと。Nからも踊れる近藤と、ギリギリ及第点なパフォーマンスと抜群のルックスを誇る白間を加えられたことは、チームにプラスになるんじゃないでしょうか。

藤江はいらない以外の言葉は見つかりませんが。

このチーム、じっくり見るとそこまで突き抜けていないにしても、それなりのパフォーマンスをするメンバーは多く在籍しています。なので、後は味付けとチームとしての一体感がどう出てくるか。そのあたりのバランスがうまく取れればと言ったところな気もします。

まぁ今までが上手くいってなかった結果が現状なわけですから、そこが一番難しいところなんでしょうけど。

Nと一緒で、ツアーも始まりこれからというところでの話ですから、ファンの方からすれば....ね。

そして組閣後の発表が実はこのチームには痛いと思います。しまれなの卒業発表。

キャプテンでなくなってるのは、元々卒業を発表するという予定があったからかもしれませんが、しまれなの立ち位置にいる存在が、このチームには大きく情勢を左右するんじゃないかなと思えるんですよね。

そのしまれなが卒業を発表。

キャプテンは菜々ちゃんで、副キャプテンはあーぽん。で、問題ないと思いますが、実際に多くチームに関われるのが、実権を握るのが誰なのかと言うところが、チームの出来に大きく影響を及ぼしそうです。

また、チームの方向性をどう打ち出していくのかと言うところも重要だと思います。

組閣によるものと言うよりは、元々このチームが抱えている問題点がそのまま残るという形に、しまれなの卒業が加わったという印象です。

BⅡへの異動を拒んだゆいぽんの残留は、このチームにとってはマイナスでしょうね。ってか、グループ間での移籍でも無いのに拒めるのってどうかと思うし、拒む理由があまり分からないんですが。

チームBⅡ。

これは別記事でふれましたが、本当に地獄です。

このチームでも観たい(楽しみになった)と思う人がいらっしゃることが本当に僕からすると不思議です。きっと、現行のBⅡを観ていないか、僕とは公演を楽しむときの観点がずいぶんと違うのでしょう。

バラバラにされた時点で、もう終わりなのは変わらないのですが、それはこれまでに作り上げてきたストーリーも、これから先に続きが見えていたストーリーをも破壊したことだから。もうBⅡはBⅡという名称だけであって、BⅡではなくなってしまったわけです。

そんなことになってしまったわけだから、誰がってのは本来の問題ではないんですが、このチームを単体で見ると、特に、梅田、渡辺美の両名が本当にいらない。どちらもですが、どちらかと言えば梅田が本当に、心底いらない。その梅田が副キャプテンって....。

春奈もいまくらい踊らないのなら、本当にいらないから帰って欲しいです。

役者は揃っているので、上枝のキャプテンシーがどこまで発揮できるか(邪魔されないか)と、兼任のちゅりがこのチームのカギを握ると思います。

そのプラスの影響力と、梅田、渡辺美による大きなマイナスの影響力。

どちらにどう転ぶかが大きな分かれ目かなと。

なるほど。こうやって客観的に考えると、このチームだけを見れば観たくなる方がいる気持ちが分かる気がしました。僕は一切観たくないですが。

そして、NMBには研究生がほぼそのまま残っています。

このチームからは、凪咲と川上が昇格して抜けてしまいましたが、大きく戦力ダウンとはならないチーム力があります。

きっと、一番楽しい公演が約束されているのがこのチームということになりますね。

昇格できる、させるべきメンバーがそのままと言うのは、単純に良いこととは言えないのですが、この組閣後という場面で言えば、せめてもの救いの場所が劇場に残されたのかなとプラスに考えることも出来そうです。

それにしても、NMBの消極的と言うかこの運営の考え方が謎です。

城ちゃんをチームMにしようとしたのも個人的には、おい!って感じでしたし。

そうそう、城ちゃんがチームM昇格を辞退して、研究生に残ったこと。大正解だったと思います。

チームMと言う場所は、これからの城ちゃんにとってふさわしい場所であるとは思えないし、チーム側からもあんまりプラスになるとは考えにくいからです。いい方向に転べば、最高の活力剤になってくれたことと思いますがね。

ちなみに、昇格と言う点に関して、カムバックしてきてからの期間が短いという期間だけの否定ならば分からなくはないですが、パフォーマンスに照準を絞るのならば、昇格に異論はまったくありえません。

最早そのパフォーマンスは、チームMに加入すればトップクラスでしょう。対抗できるのは、菜々ちゃんとベクトルが違いますけど、百花くらいじゃないでしょうか。そのくらいまでに引き上げていると感じています。

なので、早々とチームMに昇格させたかった運営の気持ちも分からなくはないです。

なんでしょうね、チームごとにダメージは大きくなかったはずなのに、プラス材料も少なく、BⅡという最高のチームを潰したという痛手だけが残ったNMB。だからなんでしょうかね、一番の被害を被ったように映ったのは。

しかし、中途半端なチームを3つ作り上げたことは、NMB運営らしいと言えばらしいかもしれません。

ちょっと話それますが、今日の公演で次のシングルの選抜が発表されました。

一言で言えば、つまらないですね。

凪咲が初選抜なくらいで、おおよそ変化なし。

まーちゅんはラストってことか。そして、まさかそのあとのシングルに梅田とか入らないだろうな...。ゆきりんは兼任で入ってきちゃいそうだし、ただでさえ保守的で変化の無い選抜なわけで、チャンスがもらえる可能性のあるメンバーがより遠のいちゃうのかな。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR