スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せな空間~薮下柊生誕祭~

ジャンカラを後にして向かった先、それはNMB48劇場。

そう、この日は12月7日。柊ちゃんの生誕祭の日です。

そして、

048.jpg

実は、まさかの当選してました。

売切れになる前にと、速攻で買った生誕Tシャツがこんなにすぐに使える日がこようとは...。

チケット購入時に、

045_20131229174140bf8.jpg

腕にこういうのを巻かれます。ああ、本当に入れるんだなって実感と、不思議な幸福感でした。あと、実際はなっかなか切れないんですけど、ちょっとしたことで切れてしまわないかという不安がありましたね。時間が経ってから撮ったので、少ししわくちゃになってます。

お花は、

039_20131229174137a74.jpg

柊ちゃんがラムちゃんになってます。本当に柊ちゃんは好きですからね~。日頃からラムちゃんになりたいとか言ってますし。

さてチケット購入後は、ジュンク堂書店で日頃なかなか目にしないような本やバックナンバーを見たりしてました。全然落ち着かなかったですけどね。そして、整列開始の時間に。どうにも落ち着かないので、すぐに並びに行きました。

生誕祭って言っても来られない人は当然いるんですよね。僕の番号のあたり。つまり120番台ですけど、7人しかいなかった気がします。

NMBは当選番号がそのまま入場順なので、13巡目ということになりますかね?来られなかった方がいることを考えると、12巡目くらいとなるのでしょうか。正確な場所をきっちり把握してなかったのですが、7列目あたりの左から5番目くらいの席に座りました。

左端は前から3列目くらいが空いていて、どうしようかな?と悩んだのですが、真ん中寄りに座ろうと思いまして。

DMMで、カメラが引きになるとギリギリで端っこの方に映りこむくらいの場所でした。

もうですね、公演の内容が素晴らしかった!ってのは漠然とした中での記憶にあるんですけど、とにかくその空間に居合わせられたことが幸せすぎました。

柊ちゃんの笑顔がキラッキラしていて、眩しかったな~。

柊ちゃんと目が合った気が.......はい、今回はしなかったです。いや、なんて言うんでしょうね。目は合ってると思うんですけど、別にこう個人として合っているというような感じではなくて、全体を見渡してる視線が、柊ちゃんを観続けている僕とぶつかる瞬間があったって感じですかね。

なんでも幸せです。

柊ちゃんの生誕祭、お手紙は菜々ちゃんから。

菜々ちゃんからって時点で既に泣いてたとかは秘密です(笑)菜々ちゃんは柊ちゃんのことを本当に想ってくれていて、柊ちゃんも菜々ちゃんのことを本当に尊敬していて、想っていて。2人の絆が素敵すぎました。

お母さんからのお手紙では、勉強とか学校とか、NMBでのお仕事とか、いろんな兼ね合いの中での苦悩だったりが語られていました。

もうね、ずっと涙でしたよ。

そして、柊ちゃんからのコメント。女優になるのが夢だと、照れくさそうに。本人もそういうの苦手だって言ってましたけど、もっと堂々としてていいんだよ。いや、むしろ堂々と言いなさい。

そして、NMBで中心となる存在になりたい。

すごくすごく悩んだ1年だったと思います。お母さんからの手紙にもあったように、勉強とかの兼ね合いもですけど、NMBの活動だけで考えても、相当悩んでいたんじゃないかな?そういうこも、うまく表現できなくて、なんだかすごくはっきりしない感じになってしまいましたね。

せっかくの場所なのに、もったいない。もっともっと溜め込まずに、想いを吐き出してもいいと思うよ。

そんな柊ちゃんが好きだけど。

少しだけ思い出した、柊ちゃんが研究生の頃の懐かしい言葉。

「いつかはセンターになりたい。3期生の中で1番になって、城恵理子さんみたいな存在になりたい。大丈夫。私ならできます。」

出来てるやん。あともう少しだよ。そのもう少しが難しいんだけど、大丈夫。柊ちゃんなら出来るよ。

柊ちゃんに染まった1日、すごく幸せでした。


この日は、とても悲しいことがあった日でもあり、記事にすることが出来ずにいました。とは言え、柊ちゃんの生誕祭の間は、まったく考えずに柊ちゃんをBⅡをまっすぐに見つめていました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

柊ちゃんってポテンシャル高いってのは誰しもが思っている事だろうとは感じていますが、NMBから先のステージでいかにして輝けるかとなると本人の力量?もあるのでしょうけど、何か惜しいようなポジションだと思うんですよねぇ。
(※あくまで、私個人の感想ですからね。)

どうしても学業との兼ね合いを気にしてしまう世代であるのは分かりますが、乗り越えていって欲しいですね。

来年は柊ちゃんがますます輝ける年になることを祈るばかりです。

輝き

北陸の人さん、

ものすっごく遅くなりまして、すみません。

流石によく見てらっしゃいますね。って、誰目線って話ですが。

僕も惜しいポジションというか、もう少しこうこちら側に伝わってくるパワーが足りないと感じますね。キラキラ感やポテンシャルというものは感じ取れるんですが、何処かもう一歩というところて止まっているかな?と。

本人も相当悩んでいるところですし、なかなか乗り越えられずに燻っていますが、どうにか乗り越えて欲しいです。

「輝き」は、柊ちゃんもよく使う言葉です。自分に足りない何かを感じてるんだと思います。

なので、柊ちゃんが輝ける年になることを。というのはとても嬉しい言葉です。

ありがとうございます。
最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。