スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまでとこれからが詰まった「ただいま恋愛中」公演

先日、スマホの罠で途中しか見れなかったBⅡ公演をフルで見ました。

揃えるところはきっちりと揃える。その楽曲はどう表現するのか、その公演をどういう想いで取り組んで、どう魅せていくのか、意識の統一感をしっかりと感じることのできる、BⅡらしい素晴らしい公演でした。

そんな中でも、個性を出していく、魅せていくといった、これまでのBⅡの課題の一つと言えるかもしれない部分も、見ることが出来ました。全体の統一感を乱すことなく、個性と言う部分でも魅せていただきました。

個人的には、それを一番感じることが出来たのが、キャプテンのえみちこと、上枝恵美加でした。楽曲楽曲に合わせた表現方法もあり、個性もあり、かつチームワークを乱すことなく、その中心に存在している。そのくらいの素晴らしいパフォーマンスだったと思います。

そのキャプテンの考えや想いが、チーム全体に浸透していて、それでいてそれぞれに考えがあるからこそに魅せられた公演だったと思います。

これまでに積み上げてきたもの。そしてこれから積み上げていくもの。そのどちらをも見ることが、感じることが出来てとても楽しかったです。

この公演にアンダーとして参加した川上も、BⅡの新公演に向かう熱量に混ざるのは、もしかしたらとても大変だったかもしれません。それでもしっかりとしたパフォーマンスを披露していましたし、たくさんのことを感じて、大きく成長してくれるんじゃないかな、と思います。

前半で特に良かったのは、ほのり。「会いたかった」公演の後期に、大きく成長を遂げた彼女は、その成長の伸びしろをそのままに、新公演でも努力してきた足跡をしっかりと刻み込みました。

中盤で良かったのは、うーか。ダンスが上手いのが際立つ演目になっているのもあるかもしれませんが、表現もしっかりとしていて、惹きこまれるものがありました。対になって踊るところも良く見受けられた、むろかなもすごく良かったです。

ゆーりの可愛さも凄かったですが←

後半は、はーこワールドが炸裂。全力すぎる全力ダンスで、あふれ出る魅力が留まるところを知らないと言った感じで、はーこ無双な時間でしたね。全体が良いのに、その中でも飛び抜けて良いってのは、本当に凄いです。

柊はね、初見で感じましたが、いい意味での余裕が足りなかったかな。ちなみに、良くなかったのではありません。内から溢れ出る想いの強さはしかと感じましたし、絶対にこれからの公演でセンターというポジションや、その名目的な意味で無く、本当に純粋にセンターとしてのパフォーマンスを魅せつけてくれますから。

柊には厳しいんですよ、僕。←誰?(笑)

さて、ざっと振り返ったところでユニット曲。

7時12分の初恋
(薮下柊、植田碧麗、井尻晏菜、山内つばさ、川上千尋(アンダー))

これは、みーれがとても良かったですね。前列にこう出てくることが少なめでしたから、その瞬間を謳歌しているというか、とても楽しそうで嬉しそうで、気持ちよさそうでキラキラしてました。その楽しさ含めこちらに伝わってくるものがあって。

先ほども言いましたが、柊は硬さが残っていましたし、まだまだこれからが楽しみな状態でしたね。そして、改めてこの楽曲を聴いてと言うのか、柊が歌っているのを見てこの先ににやけるほどの展開が待っているのを、勝手に感じていました。

柊の魅力が爆発したら...この楽曲を自分のものにしたら...あー楽しみです♪

最初の印象としては、柊とあんたんは、この楽曲じゃない姿が見たかったですが、BⅡはシャッフルしますしね。

春が来るまで
(久代梨奈、太田夢莉)

BⅡの中でもアイドル性がより高い2人が組んでしまいました。でも、まだまだ。もっともっとこの2人なら輝きを放てることを知っています。←だから、誰?(笑)

前出のみーれと同じで、ゆーりがやっぱりこの楽曲で前に出れたのもあってか、全体曲でも輝きを増しているように感じました。

りなっちは、僕の印象としては現在足踏み状態。それでも、この先輝きを増した姿が多くの方々を魅了すると思っています。今でも十分魅力的なんですけどね。

純愛のクレッシェンド
(室加奈子、上枝恵美加、黒川葉月)

先日生中継で見はじめた最初の楽曲。

はーこー!!

これは、この公演をやるなら絶対にはーこにやって欲しかった楽曲なんです。だから、電車の中で高まってヤバかったですね(笑)

この楽曲、はーこをまた大きく成長させてくれると思うんですよ。言い方悪いですけど、今はまだ、むろかなとえみちに軍配が上がっていて、少しはーこが遅れている状態。特に、えみちは素晴らしく良かったと感じています。

ただし、はーこがこの楽曲で魅せ方をもっともっと磨いて成長しちゃったら...それはもう凄いことです。

そしてそんな3人で披露した日には...うーん、素晴らしい。きっとそう遠くないいつか、その姿が見られると思います。

Faint
(加藤夕夏、石塚朱莉、日下このみ)

あんたんがこれかな?って思ってましたが、違いましたね。

それでも予想通りな3人と言えるかもしれません。このみんて日頃えのきだけど←おい(笑)こういう楽曲似合いますよね。

このダンス自体には、このみんもあんちゅも苦戦しているような印象を受けましたけど、十分良いものを魅せてくれました。もちろんこの先に、もっともっと高みに引き上げる努力をしてくれるのは間違いありません。

そして、やっぱりうーか。

頭2つ抜け出してるくらい、素晴らしく良かったと思います。本人としても、こんな風にダンスで魅せられる楽曲と言うのは嬉しいんじゃないでしょうか。

かと言って、一人で突っ走るわけでもなく、3人でのチームとしてしっかりと統一感を持って魅せてくれています。

帰郷
(赤澤萌乃、梅原真子、河野早紀)

ほのりが努力を報われてのセンターと言ったところでしょうか。

ダンスの部分で大きく成長した彼女ですが、歌があまりよろしくないんです。そこに狙いがあるのかどうかは知りませんが、そんなこともあて、この楽曲をほのりが歌うということには、とても大きな意味があるように感じます。

そんなこともあってか、初日の今日は、前髪を切ってイメチェンして可愛さを増したまこぽんと、この新公演中キラキラ可愛さがはじけまくっていた、さきぴがその存在感を大きく放っていました。

特に、この楽曲中のさきぴの可愛さったらなかったですね。


全体曲もそうですが、ユニット曲は特に、メンバーの成長を大きく促すような、そしてその先に見られるであろう成長した姿と楽曲の相性がバッチリとあった物だと思います。

「ただいま恋愛中」という公演は、今のBⅡに最も適した公演内容であると言えるかもしれません。

そんな公演を選び、このようにユニット曲を決めた運営に満点ですね←だから誰?(笑)

そして、アンコール途中で切れてしまった僕は後で知ることになった、下北FMのレギュラー出演。

おい、早番だったら毎週行けちゃうじゃないか。と言っても、残業がありそうだから無理な日の方が多いと思いますし、整理券とか取れないとやっぱり入れないかな~?と思ったり。

でも、これでBⅡメンバーの魅力が少しでも多くの方に伝わると、いや知らない方が知る機会になるだけでも嬉しいなと思います。

遅番だったら完全にアウトだし、残業でも行けませんけど、柊の日と、はーこの日はなんとしても行きたい!

あ、あと、えみちとりなっちと、あんちゅと........あ、このままだと全員の名前を挙げてしまう(笑)

ほんの少しなのに、上手くまとめられていないですが、BⅡ公演初日に感じたことでした。

BⅡ公演、本当に面白いです。もっともっとたくさんの方に見ていただきたいし、魅力が伝わって欲しいです。

9日、N公演が延期になったから応募できてしまう...。S公演の初日が怪しすぎて、誘惑に負けてしまいそうです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。