スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NMB48week

この1週間、ほぼ毎日NMBの公演を見ています。

とは言え、PCはつなげていない状態だったので、スマホでですけどね。まさかのスマホのデータ容量をオーバーして、通信速度に制限がかかるという状態までいきました。

どうにもSKEの公演を見る気になれなくて、NMBをチョイスしちゃってるんですよね。珠理奈が出演しているS公演が無い限りは、この先もこの状態が続くようになると思います。再び、DMM解約の時ですね...。

と、およそ1週間NMBの公演を見ていましたが、作業しながらの時があったり、画像が乱れたり、記憶があやふやだったりと言うことで、ざっと振り返ってみたりします。

24日、N公演。

きっと技術は1番高いチーム。

チームとしてはどうにもバラバラと言うか、ちぐはぐな感じがしてしまうんですよね。さや姉は相変わらず良かったですが、チーム全体としてその意識が浸透していないというイメージが強いです。

さや姉を見るだけでも、個人的には意味のあるものでしたけどね。

そして、まーちゅん。髪切っちゃったのね。悪いわけではないんですけど、以前のあの髪型がめっさ好きだったので、残念です。

新公演までの期間、気合が入り直したものを期待していたんですけど、変化は特になかったように感じました。

気持ちの持ち方がメンバー間で差がありすぎることと、その影響でか、チームとして見たときにまとまりがなく感じられる公演でした。

25日、研究生公演。

BⅡ公演で輝きを放っていた渋谷が、やはり素晴らしく良かったです。どのくらいの期間でしょう、この数か月で1番大きく成長したメンバーと言ってしまえるくらいの、大変身ぶりだと思います。以前までは、センター変えた方が良いと思うなぁなんて思えるほどだったんですけどね、今は堂々のセンターと言う感じです。

その他、中川、林、三浦、松村、山尾などが相変わらずのパフォーマンスで良かったです。

そして森田のパフォーマンスも良かったです。以前からパフォーマンスを褒めてらっしゃる方がいらっしゃったんですが、自分は気づけていなくて...。「Blue rose」は特に良かったと思います。

26日、M公演。

ほぼフルメン(山田が休演)。

BⅡ公演と研究生公演を見ちゃってますから、やっぱり弱い印象が残ります。

アイドル性は抜群に高いチームだと思うので、そう言う意味で見ていて楽しかったりします。

アンダーで入った研究生の、中川、三浦はやはり目立つほどに良かったと思います。特に、中川ですね。

正規メンバーでは、木下、谷川、矢倉が良かったと思います。僕個人としては、ふぅちゃんはルックスでの加算点が非常に高いので、その補正分が入っている可能性がありますし、以前に比べてという意味合いも入っています。

木下は本当にパフォーマンス良いんですよね。あのキャラが味ではあるんですけど、うーん、もったいないです。

それと、與儀。初期の頃の映像とか見ると、すっごい踊っていてキラキラしてて、最高なんです。当時の輝きを取り戻してほしい。

28日、M公演。

今度はフルメン。

山田菜々の存在感ってスゴイな、って思ったの以外では、特別変わった印象は受けませんでしたね。その分のプラス分だけでも大きく作用していた部分は、多分にあると感じました。

ただ、あくまでも個人的な好みの部分が大きいですが「口移しのチョコレート」はそんなに良くないですね。村上が圧倒的に自分の好みにもあっていて、すごく良いなと思います。

前述しましたけど、アイドル性が高いチームで、その部分だけでもかなり楽しめたりするとは思いますし、そんなチームカラーみたいのがあってもいいとは思います。それでも、ちょっとパフォーマンスレベルが低いメンバーが多いかな?という印象を受けます。

特に、選抜に入ると一際目立つので、そのあたりの修正はきっちりしてきて欲しいかな?と。

29日、研究生公演。

配置やMCをシャッフルした公演でした。毎回は見ていないので、正確なことが分かりませんが、毎回シャッフルしてるのかな?

センターでなくても、渋谷の輝きは失われることはありませんでした。むしろ、センターでは無いことがプラスに作用してるようなパフォーマンス。BⅡの公演でも、同じような感じでしたから、もうその日のポジションが彼女のモチベーションでは無くなっていることが一目瞭然です。

どこにいても自分がセンターに立つという、そんな意識を持っているのかなと。センターでないのなら、その悔しさがまたモチベーションになるといった感じかもしれません。

全体的にハイパフォーマンスを披露する研究生公演ですが、明石、川上、照井あたりが少し弱いかな?という印象を受けました。

NMBの研究生公演、非常に面白いです。

30日、N公演。

さや姉が休演なこともあり、つないではいたのですが、ただ流しているだけでほとんど目に入ってこず...。

みるきーの魅力って、こんな感じじゃないと思うんだけどなぁって個人的に思っていたりしました。もっとこう、気持ちを持っていかれるような、表現と言うか表情を含めての仕草や、パフォーマンスってのがあったと思うんですけどね。

休演のさや姉やまーちゅんを筆頭に、意識を高くしているメンバーもいますので、そのレベルまで全員の意識が高まってくるとすごく良い公演になると思います。特に、みるきー、アカリン、そして、少し存在感が小さくなってしまったかな?西村の奮起を願っています。

新公演、期待しています。いや、その前の段階で見ておきたいとは思っています。

1日、BⅡ公演。

相変わらずのはーこのハイパフォーマンスぶり。センターで踊った時も凄く良かったですね。うまくは表現できませんが、まだずっとセンターでというには何かが足りない気がしますが、公演の中でセンターに立つ機会があるNMBのシャッフルするスタイルってのは、とても良い効果をもたらしていると思います。

そして、そんなはーこの横で踊ってもそん色ないほどの山尾のパフォーマンスが目を惹きました。身長が低いことって、後列になると隠れちゃうし、やっぱりデメリットなんですかね。でも、山尾のパフォーマンスは身長が低いことを、最大限に生かしているように感じることが出来るものでした。

柊やちゅばも良かったし、全体的なレベルが上がっているように感じました。が、今回もりなっちだけは気になりました。どうも低調な感じが抜け出せていません。何度も言っている気がしますが、アイドル性が高いので、それで大いにカバーできている部分があるんですけどね。でも、カバーするんじゃなくて、そのアイドル性を上乗せした最高のものを魅せてもらいたいです。

それから「カモネギックス」。各チームでの披露を見ましたが、これはBⅡが圧倒的に良いパフォーマンスをしていると思います。初見の時にも思いましたが、選抜でのものよりも良いです。

柊の努力が垣間見れるのも、個人的に良かったりします。

かなり記憶があいまいな、NMB48公演weekになった振り返りでした。

この1週間で見た印象では、

BⅡ>>研究生>>>>M≧N

という感じですかね。

Nは、さや姉がいるのといないのでは、随分と違います。

Mも、今回は両日出演していましたが、ふぅちゃんがいるのといないのでは、随分と違うのではないでしょうか。

ただ、どの公演にも伸びしろを感じられるものだったので、上手く転べば(見方次第にもよりますが)どの公演も最高に楽しいものになりそうです。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。