半分賛成、半分反対

BⅡに対しての、金子支配人の言葉。

チームBIIは頑張ってるし、誰一人として手を抜いている人もいないです。
モチベーションもすごく高いから見てて楽しいし応援したくなります。

その一方で突き抜ける個性の持ち主がいるようでいないようにも感じます。結構いい感じに見えるのに「あと一歩」な感じでどうしてもとどまってしまう。チームN、チームMの牙城を崩すためには何が必要なのか。それはチームプレイではなく個人プレイなのかもしれないし、いや、チームパワーを思いっきり上げないといけないのかもしれないです。

とにかく「小粒感」を脱却することがチームBIIの最初から今日までずっと続いている課題だと私は考えます。

NMB48の中でチームBIIの誰かを一推しにしてくれるファンがもっともっと増えるようにならないといけないのかな、と思いました。

その大きなきっかけに新公演が機能すればと願うばかりです。


今後ともBIIの応援よろしくお願いします。

追伸:個人的には「あなたとクリスマスイブ」が良かったです。



タイトル通り、半分賛成ですけど、半分反対です。反対と言うか、そうは思わないという感じですかね。

チームN、チームMの牙城を崩す。公演のレベルやそこに向かう姿勢、パフォーマンスにこもった想いは両チームを凌駕しています。公演でなくても、コンサートで全メンバー出演してるのを見たって、BⅡメンバーは輝いているのが分かります。

だからもうある種、牙城は崩してるんです。最後の一歩踏み込ませてもらえない感じです。

もう一つ個性が足りないという感じは否めないかもしれませんが、では例えば今の選抜メンバーは全員個性が際立っているのかと言えばそうでもありません。それに、選抜に入ったりそういう場所を与えられることが、メンバーを変化させることも考えられます。

選抜メンバーの、ほぼ固定化。コンサートなどでも、披露する際は極力そのままのメンバーで、アンダー出演と言う形はとらず。

BⅡの勢いを殺しているのが、運営の判断でもあるということに気づいてほしいです。そんな中での今回の新公演までの流れは、お見事だったとは思います。

しかし、選抜や紅組、白組のメンバーとかはいかんせんどうかと...。この辺は、BⅡメンバーだけの話ではないんですけどね。それに、BⅡメンが全く選ばれていないかと言うと、そうではないけど、やっぱり基本的な露出や人気、認知につながるのは選抜ですから。

それと共に、そう言う傾向にあるのがNMBというところが問題点の一つでもあります。

何て言うんですかね、今の選抜メンバーって結構納得いってるんじゃないかと感じるわけです。固定化してるし、自分の推しが入ってるかどうかってのは主観の部分が大きいから除くとしまして、客観的に見て満足なんじゃないかと。

全力さとか、パフォーマンスとか、そこにある想いとか、そのウエイトが軽いように感じます。

なんかよく分からなくなってしまいました。いつもですけど(^_^;)

自分の中にある想いに対して、それをうまく表現できていない感じです。それに、まとまりも悪いし。だけど、そのまま記事にしちゃいますけどね(笑)





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR