スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裸足でSummerで比べてみよう

一応フラゲの日と言うんですかね。家に帰ったら乃木坂46の新曲「裸足でSummer」が届いていました。



全タイプ購入&3店舗で購入してるので、どんな感じなのかを今さら。

まずは、Amazon。

018_201607262338397af.jpg

なかなかデカい箱で届きます。隣に伊右衛門置いてみたけど、分かりにくいですね。すいません。

020_20160726233841a37.jpg

開けてみると、中にも一つ箱。この中に商品が入っていますが、通常通りシュリンクされた状態。

021_201607262338420b2.jpg

中の箱はこんな感じ。ここで伊右衛門がないとねーサイズがねって話ですが。

022_2016072623384417c.jpg

この箱を開けてみると箱のふたでくぼみみたいのが作られていて、そこにポスターが入っています。

023_20160726234323a57.jpg

ポスターとふた部分をどかすとあとはシンプルにCDが入っています。

残念ながら中身違いましたけどね。僕が頼んだのはタイプD。入っていたのはタイプC。よく分からないんですけど、多分このタイプの梱包のされ方だとAmazonがどこかに依頼して、こういう状態の商品が納品されているんじゃないか?と。いつもとバーコードのタイプも違いますし。(段ボールに貼られている)バーコードの商品名は合っていて中身が違ったので、Amazonに入荷する前段階でのミスなんじゃないか?と。ま、よく分かりませんけど。

返品するしかないけど、こんな時に限って封入の写真がいこたんなんじゃないか?っていう考えても仕方ないことに思いがかられて、返品すべきなのか?とか迷ってます(笑)

さて、それまくりましたがHMV。

016_20160726233838e09.jpg

箱の大きさは大体同じですね。HMVの方が幅広で薄いかなって感じです。

024_20160726234324242.jpg

納品書だけ取り除きましたが、開けたら即こんな感じです。まるごとシュリンクされているので、ポスターが曲がりそうで怖いかもですね。特に問題はありませんでした。

と、HMVは開けてすぐなのでこれで終わり。特典のポスターはと言いますと、

025_20160726234326634.jpg

026_2016072623432771c.jpg

上がAmazonで、下がHMVです。

カメラマンの腕前の影響もありまして、分かりづらいかとは思いますがどちらが好みでしょうか?

僕はAmazonの方が動きもあって、表情も良く撮られていると感じましたので、少し引きではあるんですけど断然Amazon特典のポスターの方がいいなと感じました。

タワレコはまだ届いてませんので、また届きましたら。

今回の件に関しては、梱包とポスターはAmazon。でも理由はよく分かりませんが、中身が違うという致命的なミス。HMVは問題は無かったですが、若干梱包が不満。で、ポスターも個人的にはいまいち。タワレコは梱包は分かりませんが、1日遅いと言うのがすでにマイナスポイント。

なんとなく比較してみましたが、こう考えるとどこが一番良いんでしょうね?

と、続きをあげる時間が作れず...

タワレコ届いてましたので。

002_2016080322561879c.jpg

長さは同じくらいですが、横幅がなく、より長方形に近い形の箱で送られてきます。

004_2016080322561987b.jpg

封を開けたらこんな感じで、紙が緩衝材として入っていてポスターはそのわきに乱雑に入れられているだけです。

005_20160803225620d9b.jpg

紙をどかしたらこんな感じ。あと、このポスターをくるんでる透明のがですね硬いです。それがポスターに食い込んで、2本のうち1本は少しだけ破れておりました。本当にほんの少しですけどね。1枚しか頼んでなかったら返品したと思います。

006_20160803225622670.jpg

ポスターの柄はこんな感じです。

ポスター的には、Amazon>タワレコ>HMV。
梱包は、Amazon>HMV>タワレコ。
配達順は、Amazon(プライム会員です)>HMV>タワレコ(1日遅れ)。
値段は、タワレコ>HMV≧Amazon(タワレコだけ値引きありであとは定価ですがポイントなどで若干HMVがリード。ただしAmazon以外は一定以上買わないと送料がかかります)

というわけで、個人的には今回のはAmazonが大きくリードしたかな?と。ただし、サイトでもすごいことになってましたけど中身が違ったってのがね。と言っても返品はかなりめんどくさいけど、毎回ならともかくとしてそんなに目くじら立てることでもないかなって悠長な僕は思っております。

サイトのレビューに書いちゃうと乃木坂の評価が低いみたいで嫌ですし、とりあえずは返品します。まだ全然手つけてないですが。


スポンサーサイト

テレビで観た「金の愛、銀の愛」

テレビ番組で何度か披露する機会がありましたね。

それを観ていて思ったこと。

やっぱりチームとして機能してないと思うんですよね。個々が悪いかって言うとそういうことでもなく、もちろん良くないメンバーもいるんですけど、とにかく向いている方向がバラバラな気がします。

どういうパフォーマンスを魅せたいのかってのがチームとして一貫してなくて、各々が思い思いのパフォーマンスをしていると言った印象。またそれがどちらかと言うとテレビ向けのパフォーマンスに寄ってる気がして、SKEらしくなくて。

テレビサイズのとにかくカメラを意識したパフォーマンスって、あんまり観ていて楽しくないんですよね。まったくカメラを意識するなってことではないんですけど、どちらかと言えばカメラに意識が向かないくらいの全身全霊なパフォーマンスがSKEらしいって気がするので。

せっかくのテレビ出演ですからね、カメラは意識しないとって気もしつつ、そこに意識が行き過ぎて完全に足が止まってるのとか残念です。

鳥肌立つくらいの、すごっ!ってパフォーマンスを魅せてもらいたいです。

そしてまだセンターは珠理奈から譲れませんね。SKEらしさを失わずに高いレベルでのパフォーマンスを継続し続けるその姿。魅せ方とか未だに成長が見て取れますし、本当に素晴らしいと思います。

叩かれる要因の一つでもある公演に出ないこと。それって、パフォーマンスの質が落ちることにもつながると思うんです。パフォーマンスする場も無ければ、準備(練習)しなくても良いってことでもあると思うので。見せる場が無いってのは身体も気持ちも訛りそうなもんですし。

そんな環境にあっての姿ですから。

須田や古畑などなどSKEらしいパフォーマンスも多く観られますので、意識を同じ方向に向けてもらって、最高のチーム力を魅せてもらいたいものです。




生駒センターの「サイレントマジョリティー」

昨日放送されました「FNSうたの夏まつり」。基本的にこういった歌番組は半分以上観ないシーンなので、仕事でなかったとしても録画を選ぶんですが、毎回期待できない映像が多いのと最近のバタバタで容量が限られていたので、画質を落として録画しました。

まさか僕が観てみたいと思っていたあんなシーンが出てくるとは思ってなくて。

いこたんが披露した「サイレントマジョリティー」。

この楽曲が出たときから、いこたんに魅せてもらいたい楽曲だなって思ってたんですよね。平手は素晴らしく良いので、何の問題もなく好きなのですが、それとは別にいこたんのが観たいってだけのお話。

そんなことを思ってからの何か月か後に訪れた昨日のその瞬間。

やっぱりすごくカッコ良かった。そして、何よりもちょっと信じられないくらい魂がこもっていました。この子はこの楽曲を披露するのにあたって、どれだけのことを考えてどれだけの想いを抱えてどれだけのものを背負っていたんだろうって。胸をグッと鷲掴みにされて、少し心苦しくもなりました。

常に全力で気持ちを込めて、キラキラしたアイドルオーラも備えた最高のパフォーマンスを披露してくれるいこたんですけど、それを分かっていても驚くくらいのものでした。

相変わらずの手抜きパフォーマンス(それでもいつもよりはマシなのが驚き)なメンバーが目立ちましたけど、その想いに、パフォーマンスにあてられたのか、それに応えてくれたのか、気持ちのこもったメンバーもいましたね。

とは言ってもドリームチームとは名ばかりのメンバーだったので、本当の意味(ハイパフォーマンスという意味)でのドリームチームで観たかったという欲はありますけど、この楽曲をいこたんセンターで観れただけでも僕個人としては素晴らしい番組だったと言えてしまいます。

恋するフォーチュンクッキーにならなくて良かった。ってか、どういう経緯で決まったのかは知りませんが、4曲のチョイス自体はどうかしてるなと思いましたけど。

しかし予想だにしないこんな素晴らしい瞬間があるなんてね。次回からは油断せずに画質落とさずに録画したいと思います。

いこたん、素晴らしいパフォーマンスをありがとう。


一旦、予定を整理してみよう

いろんなものに触れてみたいという話を以前にしたのですが、段々と予定が埋まってきました。

手帳にも書いてはいますし、突発的なもの含めてまだ増えるとは思いますが、かるーく整理する意味も兼ねまして。

7/30、31 チキンLINE個別握手会
土曜日が若干怪しいですが、全握に行けなかったので珠理奈と久しぶりに会える予定です。

8/5 乃木坂2nd写真集お渡し会
時間的に無理だったので、いこたんの部ではありません。キャプテンの部です。仕事を無事に脱走できるかがポイント。

8/7 乃木坂46真夏の全国ツアー(日本ガイシホール昼公演)
ちょっと強行日程ですが、まいまいの卒業コンサートでもバースディでもない、通常の真夏のツアーどこかには参戦したくて。確実に休めそうな仙台と名古屋のどちらかで考えた結果です。夜も応募してましたが、昼だけなんとか当選。

8/27 ハリーポッターフィルムコンサート東京国際フォーラム
ハリポタはとある人の影響で好きになって、できれば一緒に観に行きたかったんですけどね。予定合わず。第一弾ってことなので、秘密の部屋以降に向けてどんなものなのかを一人で参戦して観てまいります。

8/28、29、30 「乃木坂46 4th YEAR BIRTHDAY LIVE」@明治神宮野球場
どっか当たってくれ!と思って応募した結果、2日目だけが当選。最初は1日だけでも行ければなんて思っていたのですが、欲が出てきて2次で1日目と3日目も当選。意地でも有給使います(笑)

9/2 乃木坂46 セブンイレブン限定ライブ
悩みましたが間に合ったので購入しました。基本孤独な僕ですが、珍しく一人ではないと思います。

9/4 裸足でSummer全国握手会
珠理奈の握手券を取れなかった日です。この日被ってたんですよね。この日も一人ではない予定です。

9/11 大塚愛 LOVE IS BORN 13th Anniversary
いつ以来の大塚さんでしょう。LOVE IS BORNは今まで一度も当選したことが無かったので、初になります。

9/19 舞台こちら葛飾区亀有公園前派出所
いこたんの出演が決まったので、そりゃあ観に行かなきゃでしょう。何回もは無理なので、1回に絞りました。

10/5 大原櫻子 CONCERT TOUR 2016~CARNIVAL~
歌はもちろんですけど、歌声がとにかく好きで行きたいって思ってたんですよね。今回幸いにも当選することが出来たので、今から楽しみです。



余談ですが、このアルバムがすっごく良いです。アルバムとしても良いですが、ライブDVDが最高に素晴らしいです。出来ればBlu-rayにして欲しかったななんて欲はあったりもしますけど、これだけのパフォーマンスしてくださったら本当にありがたい限りです。

1/22 ミュージカル ロミオ&ジュリエット
かなーり先ですけど、チケット予約が始まってしまったので。ミュージカルの楽しさを教えてくれた生ちゃん。内容的にもどうしても観に行きたい。

それから友人に当落の確認を聞いてないのですが、もしかしたらバイトルライブに参戦予定。さらにこの日程の隙間を狙って、SKEとNMBの公演を観に行く予定でいます。NMBってのはBⅡ公演のことですが、城ちゃんと柊ちゃんが出るN公演にはかなり興味があります。

日曜日の休みがほぼほぼ確定なので、そこを中心に予定を入れて行ったのですが、日曜休みってのが怪しい流れになってきていて、かなり不安ではあります。それだけでなく、10月以降にもしかしたらガラッと環境が変わる恐れも出てきまして。
 
嫌な予感とか考えるとよろしくないので、すべて行ける!行く!という気持ちで日々を過ごしていきます。

平均したら一か月に一度もこういう予定が無かったんじゃないかって僕からしたらすごいぎっしり詰まった感じになりましたな。


大失態!

あーもうどんな勘違いだったのか、申込期間を1日間違えまして珠理奈の握手券取れませんでした。

当日もオフィシャルサイト見ていたのにな、なんで13日からだと思ったのか。意気揚々と申し込もうとして、日付を間違えたことに気づいて完全に時が止まりました。

なんとか2次でって思ったのですが、行けそうな日程だった4日は一次で完売。

凡ミスと言うにはあまりに大きな失敗。

手帳を使おうって思って使い始めてますが、こういう申込期間とか、確定してない予定とかってどう管理すればいいのかな~。

激しく無念ですが、とにかく同じ失態をしないように対策を考えたいと思います。

色んな人にどうしてるか聞いてみよう。

チキンLINEでは全握行けなかったので、せめて全握だけは行ける日でありますように。


コープスパーティー完成披露試写会

仕事をなんとか強引に抜け出して、表題の件、コープスパーティー完成披露試写会を観にヤクルトホールに行って参りました。

危うく仕事で行けなくなるとこでした。ちゃんと行けて良かった。

唯一残念だったのは、コンタクトをしていられなかったので眼鏡だったこと。視力が全く違うので。

いこたんがものすごく可愛すぎるのがかすかに見える程度で、コンタクトだったらはっきり見えたなって距離でした。

インタビューでは、とても緊張していたけど落ち着いて、一つ一つ丁寧に言葉を選んで発言しているいこたんが印象的でした。もうちょっとはっちゃけた感じでも良かったかな?とは思いますが、うんいろいろありましたし、いこたんらしくて良かった。ほかの出演者との絡みや、コメントに対するフォローも上手くしていましたし。本当に気の利く子だ。

それだけに少し心配になったりもするんですけどね。

そして、好きな俳優の青木玄徳さん。あの雰囲気とか声質とか全部ひっくるめてカッコいいです。少し癖のある感じがする演技ももちろん好きです。生ちゃんとの共演に続いていこたんとの共演。個人的には嬉しい限り。

内藤穂之香ちゃんもコメント頑張ってましたね。気づいたら口から可愛いって出てました(笑)

さて本編は....怖いのが大の苦手な僕として結構しんどかったりするんですけどね。ちゃんと観ましたよ。

個人的には前作の方が良かったと思います。原作知らないので何とも言えないのですが、根本的な部分にある秩序が崩壊していたような気がして。いや、それこそが大事なのかもしれませんが。とにかく滅茶苦茶に壊していこうというような感じに見えてしまって。

とか書きながら、やっぱりそれこそが魅力なのかなとも思ったり。

もっかい観ようとか思えるんだtったら、もっかい観てそういうところも自分なりに感じて考えたいなと思うんですけど。それにところどころ、ん?って気になるところもあったので、本当はね観直したいところなんですけど、いかんせん1作目観た時点で夜寝れなくなってるくらいなんで(笑)

今日も寝れないでしょうね~。いこたんのためと思えば寝れない時間も愛おしい←バカすぎる

いこたんの演技力明らかに上がってました。すっごくすっごく良くなったと思います。今度は僕が普通に見ることのできる作品に出てくれたらありがたいな。さらに続編的な話も監督さんがされていたので、それも喜ばしいことなんでしょうけど、僕にはまた過酷なことにもなるので。

青木さんもやっぱり良かったなー。ネタバレはしたくないので言えませんが、ああいう役似合うと思うんですよね。まったく逆みたいなのもすごく良いですけど。失礼ながらリボンの騎士で観たのが初めてでしたので、やっぱりとか言えるほどではないんですが、それでも素敵だなと。色んな役柄を見てみたいです。

虹花はこれからですね。舞台挨拶での注目度も高かったのかな?質問を振られることも多かった気がしましたが、難しいですよねああいう場は。緊張感がハンパなかったです。それだけにすごく良い経験になったんじゃないかな?ってのと、いこたんの対応力ってやっぱすげーなって思ったりもしました。

虹花は頑張って欲しいなって思うメンバーの一人なので、これからにまだまだ期待をしています。

また寝れない日々になることは覚悟の上、もっと違った結末になるような展開も観てみたいなーって願望もあり、結局続編が制作されることを願ってたりします。

先行上映会も行きたかったんですけどね、残念ながらチケット取れませんでした。


7/10「それぞれの椅子」パシフィコ横浜個別握手会

本日はパシフィコ横浜にいこたんに会いに行って参りました。

写真集お渡し会とかで何度かは会えたんですけど、個握をとれども仕事が入り、全握はいこたんがこれなかったりしたりして、行こうって決めてから1年以上経過しての初めての握手会でした。

さてそんな握手会の当日。いきなり握手券を忘れて家を出るという大失態。改札入ってから気づいたので、家に引き返してもう一度。電車乗る前で良かった。なんとか出直して間に合いました。

相変わらずの残念な内容の握手会(僕がね)でしたが記録しておきましょうってことで。

ーーーーーーーーーー

第2部~1周目~

生:こんにちは
僕:こんにちは。今日ね、初めましてですー
生:お、はじめましてですー
僕:これからもよろしくね
生:うん、よろしくです(このあたりで剥がし)
僕:またくるねー
生:はい、待ってます

第2部~2周目~

生:どーぞ
僕:こんにちはー。コープスパーティーの試写会当たったから行くねー。
生:明後日だね
僕:そそ、明後日の
生:コープスのみんなと待ってるね
僕:うん、楽しみにしてる(剥がし)

僕:実は怖いの苦手なんだけどね
生:ふふ。頑張って。
僕:ありがとーまたねー

第3部~1周目~

僕:こんにちはー
生:ありがとー
僕:じょしらく観に行ったんだよ
生:おっ!
僕:いこたんの創作落語の日も観に行けてね
生:うんうん
僕:とっても良かった。あれを考えたなんてすごいや。
生:ありがとう。(剥がし)

僕:もっかいきまーす
生:はーい

第4部~2周目~

生:あ、ありがとー
僕:今日これで最後なんだー
生:そっか。今日はありがとう。
僕:いやいやこちらこそがありがとう。また来てもいい?
生:もちろん。待ってます。

沈黙からの剥がし

僕:体調気を付けてね
生:うん、ありがとう
僕:ありがとう

ーーーーーーーーー

と、こんな感じでした。

すこーしニュアンスなんかを変えてますが、いこたんが終始柔らかい雰囲気だったので、それを表現できないかな?と思いそうしました。

時々頭が真っ白になって、言いたいことが飛んでます。最後の沈黙なんかはまさにその典型ですけど、その前とかも実は言いたいこと伝えきれてなかったんですよね。

いつもは我慢して顔を整えるんですけど、今日はにやけたままレーンを出てしまった。そして、手を洗いたくないなんて思ったとかなんとか(笑)怒られるわ......。

コンスタントに握手会行きたいんですけど、仕事がねー入ったら行けなくなりますし。幕張メッセの5部という限定的な場所と時間(特に日曜)だったら、仕事でも間に合うんですが5部無いので。

行けなくて紙くずになっちゃったってだけなら仕方ないと思えるんですけど、その分その部が空くってことになるじゃないですか。それが凄く嫌なんですよね。1~2枚の話とはいえ。悩みどころです。





手帳を使おう

以前は使ってたんですけどね、あまりにも仕事以外の予定が無いことに気づきまして(笑)

しかも現在の仕事は、特に手帳で管理しなくとも動けるものですから余計に遠ざかっておりました。

相変わらず個人的な予定は大してないのですが、イベントに顔を出す機会は非常に多くなりまして。

握手会も以前までほどは多く参加できないにしても、1タイトルに対して1会場は珠理奈に会いに行きたいですし。AKBのシングルは完全に買わなくなったので、その分の予定は空くわけですが、ライブとか、最近では舞台やミュージカルが趣味の枠に大きく入り込んできました。

それに加えて、いろんなアーティストのものを生で観てみたいって欲も出てきまして、単純にライブってだけでもチケットを取れるかは別として多くなりそうですし、これまで興味の無かったサーカスとかそういうのも観てみたいと考えています。

すでにイベントが被ったのに気づかずにってことが何回か発生しているので、このまま行くとそれはさらに悪化しそうなので、タイトルの件。手帳を使おうってなったわけです。

元々あんまり上手に手帳使える人ではないですし、まずは癖をつけないとってところでもあります。

それでもこのまま何もしないって訳にも行きませんしね。頑張ります。なんか違うことでも役に立ちそうですし。

もちろん後から予定が決まって被るってことはあり得ますが、それは単純に後からの方を諦めるってだけで済むは済みますので。とりあえず自分のミスで気づかなかったを防ぎたいなと。

さ、そんなどうでも良い話でした。


7/3新幕末純情伝、天王洲銀河劇場千秋楽

本日は、新幕末純情伝を観に銀河劇場に行って参りました。

002_201607040040283c4.jpg


たくさん笑いました!たくさん泣きました!とても感動して、幾度となく心を揺さぶられました。本当に本当に素晴らしかったです。

スタンディングオベーションってタイミングあるんですかね?最初からそういう気持ちだったんですが、よく分からずすっと立ってくださった方がいた後に続いて。鑑賞のマナーみたいなものとでも言えばいいのでしょうか、それも勉強しなくてはと思いました。

その辺は感じたままにでいいのかもしれませんが、そういうことが出来ない残念な人間なので。

舞台やミュージカルは近年好きになり行くようになったばかりなので、多くの舞台を観てきた訳ではないですし専門的知識があるわけでもありませんが、斬新な演出で。統一感が無い統一感と言いますか。混沌とした中に秩序が守られているような、不思議で圧倒的な世界観がそこにはあったように感じました。

辛辣な表現のセリフとかも多いんですけど、その直接的な表現と本能のままと言いますか、その熱く、ある一面からは氷のように冷たくグサグサと心に刺さってきて、それがまた気持ちを高揚させてくれる一要素ともなり。

Amebaで稽古の様子が放送されたのを観たときには特にくるものもなかった切り取られた部分。ストーリーがつながって訪れたその瞬間はとても苦しくて、泥臭くて、切なくて、優しくて、涙が溢れてきました。

そしてシリアスな話の流れにありながらも多くあるアドリブが物凄く面白かったです。

それがあっても全体的なストーリーの重みと深みに影響は無くて、なんかもっとこう壊れてしまいそうなのに、そんなこと全然なくて変な表現ですけどカッコいい舞台でした。

ああ、凄く凄く本当に良かったのに、それを伝えきれない無念さがあります。

玲奈の演技も期待以上でしたね。特にこう一気にボルテージを高める瞬間のあの爆発力みたいなものに心揺さぶられました。

みなさん良かったですけど、個人的に一番好きだったのは岡田以蔵役の早乙女友貴さん。カッコ良くて、感情の起伏やそのシーンに合わせた表現も豊かで、殺陣も上手くて。彼が登場するシーンはまた違った意味でワクワクしたりしてました。

当日券もあるみたいなので、都合がつくのであれば是非観に行かれることをおススメします。って、完全にど素人目線ですけど。

僕ももっかい観たいんですけどねー。さすがにちょっと厳しいかなぁ。なんとかなりそうだったら、もう一度行こうと思ってます。

パンフレットも

003_20160704004110473.jpg

クリアファイルも

005_2016070400405101e.jpg

カッコ良かったです。


最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。