MステのSKE48

すっごく表現するのが難しい。と言うよりも自分の中でもよく分かっていません。

先日SKE48が新曲を披露しましたMステ。何度か繰り返し観たんですけど、

....なんか気持ち悪い。

変な違和感があるんですよね。

すごく不思議な感覚で、まったく理由もその正体も分かりません。それもありまして繰り返し何度も観たわけですが、結局全然分かりませんでしたし、最後までその違和感は取れませんでした。

全体のパフォーマンスとしましては、中の中~中の上って感じですかね。珠理奈は凄く良かった。玲奈も凄く良かった。りょうはも凄く良かった。それでなんでそう感じたのか。

やっぱりその違和感と何か関係がありそうです。

理由はともあれ、今現時点ではそのくらいのパフォーマンスに感じたということで、また繰り返し観たいと思います。観ているうちに、その違和感もなくなるかもしれませんし、今の印象とも変わるかもしれませんね。


スポンサーサイト

初参戦!乃木坂46ライブ~西武ドーム~

流石にあの時間を楽曲ごとには振り返れないです。

どの楽曲の時に近くに来てくれたかとか、若干あいまいだったりしますし...。

とりあえずとっても楽しかったんです。うん、寒かったわけですし8時間弱ってのはかなりの長丁場。体調も完調ではなかったのもあって不安だったりしたんですが、始まったら寒さも本当に感じませんでしたし、まだ続いても大丈夫なくらい元気でした。もう終わっちゃうのか~ってくらいなもんでしたから。

思ったことを時系列とか関係なく、記憶に残すためにも記しておきます。

なんだかんだ、結局のところずっと生駒を追ってました。どうしたって見えない、スタンドをカートに乗って移動してる時でさえもあそこにいるーって追ってたくらいです(笑)

期待はして行ったんですけど、ちゃんと期待以上に良かった。特に、「制服のマネキン」の生駒は最高すぎました。不思議と涙が出そうになりましたもん。肉眼で表情は見えませんでしたがパフォーマンスはしっかり確認できる距離感で、もう幸せでした。あ、ちなみにですね。座席はアリーナで、センターステージとバックステージのちょうど中間くらいでした。

生駒は「命は美しい」の時もすっごく良かったですね。まぁずっと良かったんですけど、特にって意味で。

で、「命は美しい」と言えば、玲奈が素晴らしく良かったです。玲奈は出演時間かなり限られていましたが、もう本当に良かったです。さすがにしっかりと乃木坂46色(のパフォーマンス)になっていましたし、それでいながらちゃんとSKE48らしさも感じることが出来て、改めて尊敬です。

表情が肉眼で確認はできないくらいの距離感だったということで、僕が観たかったメンバーの一人、西野の魅力を味わえなかったのは残念です。あくまでも僕の中でですけど、西野は表情が秀逸なんですよ。なので、表情が見えてこそ魅力を最大限に感じられるんですよね。鳥肌が立つくらいいい表情をするので、それは味わってみたかったな~。

なので、ソロ曲とかも歩きながら歌うよりも、同じ場所に立って歌う方が良かったんじゃないかな~?と勝手に思ったりしたわけです。ソロ曲は特にですけど、全体を通して若干表情硬かったようには感じました。モニターで観ていた限りではありますが。

さらに完全な余談ですが、僕個人としては乃木坂のセンターは西野がベストだと思います。個人的な好みなら、当然のことながら生駒なんですけどね。なんて言うんですかね。生駒だと乃木坂にはちょっとパワフルすぎる気がするんですよね。生田だと少し弱い。白石も同様です。パフォーマンスのパワーバランスとルックスと歌と、バランスを考えると西野が最適かな~?って勝手に感じております。何と言っても何度も言いますが、表情のパフォーマンスが(僕の中ではですけど)別格に良いですから。

さて脱線しましたが、話題に出ました生田。僕の同僚が大好きなんですよね。だから自慢してやろうと思って、たくさん観ようとしたんですが(笑)なっかなか、捉えられず。生駒追ってたからじゃね?っていうまっとうな突っ込みが聞こえてきそうです(笑)

ソロ曲のこの日の仕上がりと言いますか、それは生田が一番だったと思います。メインステージは遠かったですが、歌声とピアノがメインで聴ければ全く問題ないですからね。実際緊張とかもしてたでしょうけど、それをあまり感じない落ち着いた感じで、とてもいいパフォーマンスであったと感じました。

メインステージは遠かったつながりって訳でもないですが、メインステージで披露されました「他の星から」。遠かったのに不思議ですが、この時の中田が抜群に良かったと思います。この距離感でも感じられる、そのパフォーマンスの良さ。自虐的に2ndの頃がピークだったというようなことを言ってましたが、まだまだピークは過ぎてないと思いますよ、中田さん。

そして、このライブ中にものすごく良かったメンバーがまた一人。若月。僕が観ている映像のそれは、気持ちは入ってるんですが、少し気持ちだけが先走っちゃってる感じでどうもバランス悪くて。ですが、今回目の当たりにしたその姿はその頃とは大きくかけ離れたものでした。ものすっごく良くなってました。

生駒の次にその姿を追ってしまっていたメンバーだと思います。で、休憩中の記事に書きました、同時に観たいメンバーが来るってのは、まさにこの2人のことです。後ろを生駒が通り、振り返りたいけど前では若月が素晴らしいパフォーマンスを魅せていて、観てたいし後ろを向くのは失礼だし。でも生駒も観たいという葛藤でした(笑)

この流れの中に書くべきか。僕にとってこのライブの最大にして唯一の汚点。それは、小嶋陽菜が出演したこと。もう本当に残念でなりません。もはやこじ坂というものの存在自体が残念ですし、アルバムに収録されていることも残念です。その上ライブにも...。本当にテンション下がりました。生駒も出ていますからパフォーマンス中はあれでしたが、トークに入ってからは当然の着席です。

会場全体は沸いていましたので、僕は希少な存在で大抵の方は喜んでいたと考えていいのかな、と思います。

それから、休憩中もメンバーが出てきてくれたりしたんですが、ファッションショーみたいのやったんですよ。なんかテンション上がらなくて、ライブであんなに楽しくてテンションも上がってたのになんでだろう?って思ったら、別にルックス的なことに僕が興味が無いからだったんだと気づきました。

西野も基本的に歌唱時の表情とかが好きなだけで、可愛いとは思いますけど。なんと言うか、そういう単純なルックスみたいな部分では別段と興味はないんですよね。

登場したメンバー内で単純にルックスで言ったら、斉藤飛鳥が一番だと思います。

メンバーを否定したりとかってつもりではなく、僕の観点がちょっとずれてるんだというお話です。大いに盛り上がっていましたし、あの寒い中、休憩中にもかかわらずそういう企画をしてくれたメンバーには純粋に感謝しかありません。

重ねてになりますが、その休憩中とかってだけでなく、この公演を通して極寒の西武ドームで頑張ってくれたメンバーには本当に感謝です。本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました。寒く感じないとは言え、僕でさえも帰りにメールが打てないくらい手がかじかんでいましたから、メンバーも手足はかなーりきてたと思いますしね。

改めて素敵な時間をありがとう。

随分時間が空いちゃいますけど、生駒には写メ会の時に感謝の気持ちを伝えたいと思います。


休憩中

乃木坂ライブ、ただいま休憩中です。

待ち時間は寒かったですが、ライブ始まってからは全然寒くないですね。

休憩中に寒くならないかだけが心配です。

制服のマネキンの生駒を肉眼でちゃんと観れたので、それだけでも満足です。

観たい人が同時に近くにくるのはどうしたもんか?ってのが贅沢な悩みです。

Tシャツくらいは欲しいと思ってたんですけど、グッズ買えなくて。小心者なんで、開演に間に合わないかな?って思ったんですよ。

うーん。こうなると欲しくなっちゃうな(笑)

iPhoneから送信

上から読んでも下から読んでも

と言えば、今出舞。そして、上枝恵美加。

...に続いて

中田花奈

と言う訳で.......ではないですが、また一人観たい人が増えました。

生駒目当てで購入した乃木坂46のLIVEを観ている時、気になるメンバーがいたんですよね。すっごくパフォーマンスが良いんですよ。うーん、難しいんですけど、乃木坂46らしいパフォーマンスではないと思います。

それが、中田花奈。

なんだかんだ2年前の映像ですし、パフォーマンスしてる時と表情が違うので、なかなか誰か分からなかったのですが、ちゃんと映像を観ていれば名前を名乗っていたというね(笑)

たどり着くのに時間かかりましたわ(^_^;)

密かに22日のライブに行くことにしたわけですが(笑)

生駒、玲奈、(ルックス的に)桜井、西野、中田と乃木坂で観たいメンバーが増えました。

臨時特急電車で座っていこうと思っていたのに、完全に予約し忘れて売り切れてしまってました。そして、何よりも半野外ドームであることを全然忘れていて、行くことにしたわけです。

いやぁ、チケット確保できた後に気づいて、寒さに弱い僕は愕然としましたよね(笑)

寒さはかなり不安ですが、そんなメンバーが居たりするのもあって、とても楽しみではあります。


原点回帰って訳ではないけれど

先日、SKEの次のシングルの選抜メンバー発表がありましたよね。

それが、

東 李苑、磯原杏華、江籠裕奈、大場美奈、大矢真那、北川綾巴、木本花音、神門沙樹、佐藤すみれ、柴田阿弥、須田亜香里、惣田紗莉渚、高柳明音、谷真理佳、二村春香、古畑奈和、松井珠理奈、松井玲奈、松村香織、宮澤佐江、宮前杏実

以上のメンバー。

とメンバーに関してもね、色々あるんですよ。公演観てないから、メディアとかリクアワとかでの少しで観ただけの判断になりますけど。

なんですけど、とりあえずですね、16人にしませんか?ってことを思いました。

ずっと思ってるんですけど、まあ原点回帰だからって7人にとは言いません。でも、16人にはしませんか?

なんか選抜の人数が増えたのって、言い方悪いかもですけど、これで枠が増えた→今まで選抜入りできなかったメンバーでも入れる可能性が出来た→希望が見えるみたいな流れっぽく、はたから見えなくはないんですけど。

単純に選抜への壁が低くなっただけと言いますか。

そんなことで選抜への希望を見せるのなら、著しくパフォーマンスが低下しているメンバー、努力の足りないメンバーをきちんと外すべきだと思うんですよね。その上で、きちんと努力しているメンバーを選抜入りさせるべきかと。

いつまでも選抜に居続けられるとなったメンバーがどんな姿になっていくかは、AKBの方々を見ていれば分かるわけですし。これまでのSKEならばそういうことにはならないと安心していられましたが、現状ではそうなっていくメンバーがいないとは言い切れない状況だと思いますので、だいぶ不安です。

実際、そうなりつつあるメンバーが何人かいらっしゃるように見受けられますし。

そんなこんなで、単純に人数をって意味だけでなく、その選出基準もって意味合いで、16人にしませんか?ってことを強く感じた今日この頃でした。




「嫌い×嫌い」よりも「好き×嫌い」の方が嫌

ずっと触れてなかったんですけどね。そして、記事としてあげるにはつぶやき程度の話なんですけど。

珠理奈が出演している映画「振り子」の話。

全然キャストとか気にしてなかったし、記憶もしてなかったんですが、先日そう言えばと思って公式サイトをのぞきに行ってきたんですよ。

そしたら、まさかの主演さんのお名前が。

中村獅童

オワタ...。

好きな方には申し訳ないんですが、この人大っ嫌いなんですよね僕。こういう役どころだと余計に。「恋人はスナイパー」の時みたいな役だったらまだ良いんですけど。

清水富美加とか、僕の大好きな方も出演しているのに。

ストーリーの中でどう絡んでいくのかとかにもよるんですけど、嫌いな人と嫌いな人よりも嫌いな人と好きな人が共演することの方が、どうにも観るに堪えないんです。

「いま、会いにゆきます」とかも竹内結子大好きなのに、全く観る気にならず。友人の勧めとかもあったりして興味自体はあったのですが、結局レンタルするとこまでで再生するには至りませんでした。

うーん。この映画も観れなそうです。


会いたかった

今日は延期になってしまっていた「次の足跡」の写メ会でしたね。

久しぶりに珠理奈に会える日。そして僕にとっては初めての珠理奈との写メ。

そわそわしながら、この日が楽しみで頑張っていたんです。

なのに...まさかの喘息発作がおきました。点滴を打たないといけないくらい。

なんとかある程度のところまでは回復したんですが、会場で動けなくなってもって話ですし、行きたい衝動を懸命にこらえて家で安静にしておりました。

すごく会いたかったよー(T_T)

って無念さをここに記しておきたかっただけです。


選抜を外れるレベル...でも信じてる

 「想像の詩人」公演を観ようということに始まって、結局DMMの月額会員になりました。

ちゅばの卒業公演が観たかったこと。これを機に、NMBの現状の公演を自分の目で再確認しておきたかったこと。なんていくつかの動機があってのことです。

そして、BⅡ公演を相当久しぶりに観ました。

.......墜ちに墜ちましたね。と、チームのパフォーマンスは一旦置いておいて。

柊ちゃんの笑顔のパフォーマンスを観て、涙が出そうになるくらいに。愕然となりました。

確かな成長が、努力の足跡がはっきりと見て取れるメンバー。だけどもそれは、裏を返せばその逆もはっきりとしてしまうということでもあります。

全然踊れてない。単純に省エネなだけじゃなく、ちょっと振りも入ってないんじゃないかな?って感じでした。

あ、ちなみに途中までしか観てません。

初日の出来が良くなくて、でも同時にそこからの伸びしろがあるってことでもあったわけですけど、むしろさらに悪くなっていました。

本人も分かってるんじゃないかな。まさに「その汗は嘘をつかない」だよ、柊ちゃん。

あんなに汗っかきなはずなのに、全然じゃないか。

僕が勝手に思ってることですけど、柊ちゃんのパフォーマンスが落ちた理由と言うか、落ちるに至ったきっかけは、大組閣と総選挙(特に2014年の総選挙かな)だと思っているので、そして僕の考え通りなら、こういう姿になることはある意味必然的なことだと思っているので、柊ちゃんを攻めようって気持ちはありません。

笑顔も全然、本来の魅力には遠く及ばないものだったと思います。

悩んで、くすぶって、停滞したり、場合によっては後退したり、そんなことを繰り返してもいい。

でも今の現状に負けずに、きっとその先に、再び輝きを取り戻してくれるその姿があると信じています。今現状の柊ちゃんの姿を観るのは、とても辛いし、完全に選抜を外さなきゃいけないレベルになってしまっているけれど。

まぁ選抜うんぬんの話は、あくまでも僕の観点からというところですが。

テレビで観てる時、凄く低調だったのは見間違いでも気のせいでもなかったんですなー。

土曜日の写メ会のこともって考えて公演観とこうと思ったんですけど、NMBは別日なんですね。全然知らなかったです(^_^;)


予想通り残念なヤングメンバー?

リクアワで発表されたヤングツアーのメンバーが先日発表されましたね。

全員が全員と言う訳ではないですが、ある程度予想された通りの残念な人選でした。

僕は珠理奈推しで、奈和ちゃんも生駒もかなり好きですが、このコンサート観たいか?って言われると、そうでもないです。この3人とかを含めて単純に個人と言う意味でなら観たいですけど。

今回のコンサートの意義としては、兼任を除くAKBメンバーだけで構成されていることが大事だったと思いますし、そういうコンサートが観たかった。

このコンサートが発表されたときの歓声はそういうのを期待していた、もしくは想像していたからなんじゃないかな?って思うんですけどね。

田野、岡田奈々、西野、川本などなど、十分な戦力が揃っていると思いますし。

どっちにしろ行けないくせにって話ですけど、そして予想はしていたものの残念すぎる結果でした。行けないことが無念すぎるくらいに、予想を良い意味で裏切って欲しかったなー。




また観たくなるチーム!

先日の「想像の詩人」公演。すごく久しぶりに、また観たいって思えるチームの公演でした。

僕の個人的な好みとか、こだわりとか、めんどくささとか(笑)がありまして、どうしてもどこかが引っかかっちゃって、そういうチームはしばらく無かったんです。

現状ではチーム4が最も、それに近しかったのですが...それでも僕の中では届かず。

旧Sや旧BⅡ、さらに遡れば真木子が居たころの研究生公演のように、また何回でも観たいと思える公演でした。本当に素晴らしかったんです。

ざっくりと振り返りたいと思います。

後半エンジンがかかるイメージだったのですが、昼公演があっての夜公演だったからか「絶滅黒髪少女」からハイパフォーマンスでした。まぁこれが観れただけでも満足だったりします(笑)だってこの歌を披露していいのは、もはやこのチームしかないでしょう。

城の表情が毎回好きなんですけど、この日もすごくカッコ良くて良かったです。

「黄金センター」になった時に、スイッチが切り替わるのがまた良いんです。そして背の小ささを感じさせない、やまりなのパフォーマンス。不思議な感想かもしれませんけど、安心しました。

「サングラスと打ち明け話」の時には、さらにエンジンがかかり、そして何よりも楽しい気持ちが伝わってくるパフォーマンスでした。この楽曲、振付が大好きなのもあって、めっさ楽しかったです。

「明日は明日の君が生まれる」。城ちゃんはこういう楽曲も出来るんだなーって思ったりしたんですよね。屈託ない笑顔とか、「絶滅黒髪少女」の時のような力強く締まった表情とか色んな魅力があると勝手に思っていますが。個人的には、カッコいい楽曲が一番合っていると思っています。

そして、単純にルックスが一番好みなゆうみん、良かったな。

「ハート型ウイルス」。思っていた以上にやまりながハマっていて、良かったです。いつものようなパフォーマンスよりかは、可愛く魅せるというような方向性に寄せていたとは思います。みぃーきもまいちも良くって、誰がセンターに立っても問題ないレベルであったと感じました。

「純愛のクレッシェンド」。実は旧BⅡが自分の中では良すぎたので、どうかなー?って思いもあったのですが、杞憂でした。めっさめさ良かったです。気持ちが前面に出て、力強く情熱的なあやてぃん。艶っぽく全身から色気が出るパフォーマンスのめぐみん。あやてぃんは特に下半身の使い方が上手いなーと感じました。

その2人に挟まれて、一歩遅れを取ってしまった格好のれいな。ただ、れいなはこの日全体を通して探っていたと言いますか。表情とか魅せ方を工夫しようとしていたように感じました。その分、ダンスの力強さとかそういった部分で欠けてしまったのかなと。成長過程におけるポイントなのかなって思っていました。

単純にちょっと体調悪いのかなーって感じに見えなくもなかったんですが、きっとそれは気のせいかなと。

「となりのバナナ」。呼吸が合ってたという意味合いも含めて、かなり良かったと思います。ただ、てるみーはこの楽曲だけでしたね。公演を通してと言う観点では低調なパフォーマンスであったと思います。何故か松岡にこういう感じのイメージが無かったんですけど、楽しそうな可愛らしい雰囲気がとても似合っていました。

「泣きながら微笑んで」。機材トラブルで弾き語りじゃなかったんですけど、日頃からこのスタンスの方がいいんじゃないかな?って感じるくらいに良かったです。生で観るのと、配信で画面越しに観るのはそりゃあ全然違いますけど、弾くのをやめて単純に歌うことに注力できた方がなっつの魅力がより生きるんじゃないかって感じただけです。

「初めての星」からの後半戦によりエンジンがかかってくるのが、僕が思う良い公演の一つの要素だと思います。しかも昼夜公演で、夜公演も開演から飛ばしているのにも関わらずです。特に後半から良かったのが、やまりなとまいち、ゆうみんでした。

やまりなは全身を本当に上手に使うというか、先述しましたけど、背が低いことを全く感じさせないんですよね。すごくダイナミックなパフォーマンスであったと思います。やまりなはこっからアンコール~終演にかけて、益々良くなっていきます。少し前半おとなしかったかもね。

アンコールの「会いに行こう」なんて、その真骨頂だったかなって感じがしました。どういう動きしてるのかな~?って足元の辺りが観たかったのですが、ちょっと僕の位置からは見えなくて....ただただやまりなの姿を追ってはいました。この楽曲の時だけ目が合ってたような気はします。気がするだけですよ(笑)

ゆうみんは僕にとってルックスが単純に好みと言うだけで、あまりパフォーマンスは...って記憶だったんですけど、こんなに激しく踊れたんだって思えるほど高い熱量を感じられるものでした。まいちも印象としては一緒で、あんまり良かったって記憶じゃなかったんですけど、力を抜かずに走り切るパフォーマンスであったと思います。

ちなみに後半からすごく良くなったという意味合いで3人を挙げましたけど、城ちゃんとめぐみんは開演からずっと良かったと思います。ちょっと語弊がありますね。てるみーとちょっと迷いがあったかな?と感じたれいな以外はみんなすごく良かったですけど、特にこの2人は公演を通して良かったと思います。

そういう点では、(れいなは試行錯誤している感じで別に悪いという印象ではないので)てるみーだけが追いついていなかったのが残念ではあります。

お見送り会でしたっけ?最後のハイタッチの代わりと言えるようなの。あのときはとにかく全員にありがとうとしか言えなくて、しかも声ちっさいから、多分メンバーには、ただただ頭を下げて通り過ぎてるおっさんに映ったことと思います(笑)

たくさん伝えたいことはあったのにな~。本当に頭の回転も悪く、声も通らないからああいうのダメです(T_T)

最初に挙げました、旧Sや旧BⅡに比べるとまだまだまだまだですけど、この先をもっともっと観たくなる、そういうチームでした。なのに、それがもう観れなくなるなんて...

そのままチームとして昇格してほしかったな。真木子が居たころのSKE研究生にも同じように思っていましたが。


想像の詩人出張公演終了

入場はものすごい後でしたけど、それはどうでも良いとして、めっさ良かったー!

手すりの近くに立ったのは、本日もやや調子悪く立ち続けるのが厳しいと思ったから。

ですが、彼女たちのパフォーマンスに、手すりに寄りかかりながら観るのは失礼だと結局使いませんでした。

誰か一人は選べないけど、途中からかなーり追ってしまったのは、やはり"やまりな"でした。

とりあえずめっさ良かったことだけでも記しておきたかったのです。

iPhoneから送信

今しか!想像の詩人

(あくまでも僕が観ていた時点で、僕の観点で)NMB48の唯一楽しい公演。

と言うか、大組閣とかいうやつの後は全グループで唯一楽しめた公演。

NMB48研究生公演。

それが「想像の詩人」公演と公演名が決まり、今回の出張公演。

休みとも被り、こんなチャンスない!と、決まった時絶対に当選する!って勝手に決め込んでました。

そして、

抽選の結果、以下の公演に当選いたしました!!
 2015年02月08日(日) 17:00~ 「想像の詩人」出張公演

やりましたーー!!

研究生が全員昇格という事で、本当は喜ぶべきなんでしょうね。

でも、BⅡが解体された時のような気持ちに近しくて、残念な気持ちの方が大きいです。

幸いなのは、僕自身が公演から離れていたこと。

楽しくて観続けていたとしたら、きっとせっかくのチームが解体されてしまったと嘆いたことでしょう。

(密かに何回か単品購入で観てましたが)公演を観てなかった身分なので、全員昇格に関して勝手ことも言えませんが、このチームを劇場で観るチャンスに恵まれてとても嬉しいです。

寂しい生活に(笑)楽しみが出来ました(≧∇≦)

予習のために単品購入か、ちゅばの卒業公演も観たいから月額で入るか、悩みどこです。

iPhoneから送信

また一人、大切なメンバー

あいりんが卒業を発表しましたね。

特別に推していたとかではないのですけど、僕にとってはとても大切なメンバーの一人。

そして、僕の大切な方の推しメンでもあります。

卒業してもきっと何かつながりは持ち続けられそうではありますけど、まずは卒業までの短い時間、楽しい思い出がたくさん作られますように。


最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR