スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクアワ最終日、昼公演

まとめて書こうとするとまた書けないままになりそうなので、書けるとこまででも記録しておこうという気分になりました。

SKE48を観たかったので、カテゴリはそうなっていますが、SKE48は観れなかったと言って過言ではないレベルの公演でしたね。

また、(風邪ではないんですが)調子が本当に悪すぎて本気で観れない時間が長かったです。

というわけで、前置きが長くなりすぎましたが、とびとびに振り返りたいと思います。

49位 抱きしめちゃいけない

この楽曲が出た当初、MVもすっごく良くて楽曲も良くて大好きだったんですけどね。当時はそんなにパフォーマンスについて追及し切れていなかった部分もあるかもしれませんが、大幅に劣化していて非常に残念でした。さや姉もどうしてこういう中に紛れると、遠慮がちになると言うか縮こまると言うか、いつものパフォーマンスの半分の魅力も出なくなっちゃうんでしょう。もったいないです。

全体的なものは置いておきまして、市川のパフォーマンスはとても良かったです。山田菜々が卒業後のエースとして穴を埋めてくれる.......と言いたいところですが、ちょっと方向性が違いすぎる気がするんですよね。

47位 君の瞳はプラネタリウム

先日チーム4を観に行ったときに、すこーし物足りないかなと感じました、込山。ものすっごく良かったです。西野、岡田奈々といったメンバーがいなかったことで良く感じた部分があるかもしれないですが。

全体としては低調なパフォーマンスであったと思います。

45位 LOVE修行

好きだけど好きじゃない。好きじゃないけど好きな楽曲(笑)これ観たかったうちの一つです。

やっぱり素晴らしく良いと思います。うーん。前回の時にも感じました、観たくなるチームと言うよりかは観たくなるメンバーが多くいるというイメージで、そこは残念ですがすごく良かったです。

最早良くて当たり前くらいの、西野、岡田奈々を筆頭に、平田が凄く良かったですし、佐々木や村山も良かったと思います。

この楽曲まで(46位まで)のパフォーマンスを観ていて、これが来たら全然違いすぎてその魅力に気づかれると思うんですけどねー。

ただ、小嶋真子がガッツリ遅れを取ってしまったこと、相笠も一時期から感じていましたが著しくパフォーマンスが落ちていたことなど残念な部分も目につきました。

43位 秘密のダイアリー

これしか山田みずほを観るチャンスが無かったんですけどね。映画館の映し方ではその魅力は一切分からず。と言うか、みずほに関わらず、全体的に観たいものが観れる感じではありませんでした。

それにしても、このメンバーを揃えておきながら、センターが高橋朱里とか。多田がメンバーに混じっているのとか、選考基準が全く分かりません。矢吹とかもここに選抜する感じでは無い気がしますし。

40位 愛の存在

ごめんなさい。結果的にソロ初披露除いては、これが珠理奈を観れる唯一の楽曲だったんですが、知らない楽曲で...。全然印象に残ってないんです。

39位 ハート型ウイルス

小嶋真子をセンターにしたのは良かったと思います。以上(笑)

37位 想像の詩人

ああ、すごく観たい楽曲が来たのに....。ここまでの流れ(が自分にとっては退屈すぎたこと)と体調不良のピークで、本気でダウンしてました。

35位 太宰治を読んだか?

とても好きです、この楽曲。横山は特別好きでもないんですが、この3人が揃うとなんかやっぱりこの3人だな、って感じてしまうくらいこの楽曲とこのメンバーが自分の中でマッチしています。

山田菜々が卒業しちゃったら、もうこれが観れなくなっちゃうのかって切なくなりました。単純に菜々ちゃん好きですしね。

33位 上からマリコ

めっさ良かったです、谷。センター谷を観ている方々がどう感じたかは分かりませんが、僕は一人でおお!良いね!とテンション上がってました。

そして、実際に良かった。そこを意図したものではなさそうですが、パフォーマンスがしっかりしているメンバーがこうして重宝されるのは嬉しいですね。

32位 らしくない

以前に観たのがいつだったか、どの番組だったか覚えてませんが、その時よりもすごく良くなっていたと思います。特に、白間のパフォーマンスが飛躍的に良くなった気がします。

上西や村瀬も良かったと思いますが、谷川や加藤、藪下と言ったあたりが低調だったかな~?と。渡辺美優紀はふれる必要ないかもと思えるほど、毎度のごとく低調ですが。

31位 ハートの脱出ゲーム

ゆりあーー!!(笑)

と、この日(ここまでで)一番テンションが上がった瞬間だった気が...。

やはりここでも、西野、岡田奈々を筆頭(ってか、この2人別格と感じるほど)に良いんですけどね。もったいないんですよね。

やっぱり観たくなるチームではなくて、観たくなるメンバーが多いチームという印象です。

凪咲はもっともっと頑張れる子だと勝手に思っているんですが、全然よろしくなかったですね。と、凪咲は別で触れてみましたが、全体としてメンバー間でのパフォーマンスに差がつきすぎています。それも何人かがと言うのではなく、半分に分けれるくらい低調なメンバーが多いのが気になります。

30位 初恋は実らない

島崎は一時期に比べたらだいぶ踊るようになった気がします。ずっと踊らなかったのに、急に変わったのは(と言っても大きくではないですけど)何があったんだろう?って感じですが。

センターもチームとしても、個々としても観てられないくらいのパフォーマンスでした。

良かったのは市川くらい。山内もこの中では良かったかな?というくらいの感じでした。

本編(僕の中では)終了。玲奈ごめんなさい。

アンコールでは珠理奈のソロ初披露が。

楽曲はどうだろう?うーん、ちょっとあの1回では何ともって感じですし、やっぱりこういった感じの曲調なのねと言った印象。「UZA」の時にも思いましたが、周りにいるダンサーの方々はいらないかな?まあほぼ目に入らなかったし、良しとしましょうか。

珠理奈のパフォーマンスは素晴らしく良かったと思います。推し補正はかかってないつもりですが、意識せずの部分はあるかもしれません。

多分、ヒールであそこまでのパフォーマンスできるの珠理奈くらいな気がしたんですよね。ってか、ヒールだということを感じさせないレベルであったと思います。

表情もしっかりと決まっていましたし、僕個人があの日映画館で観たものは至高のパフォーマンスでした。

そういやヤングメンバーのみのツアーみたいのが発表されてましたけど、きっと期待できるようなメンバー構成にならない気しかしません。どちらにしろ初日のさいたまスーパーアリーナは、仕事がどうしても休めないところなのでどうしようもないですけど。


スポンサーサイト

1位!!

鈴懸1位とは。

こうなると、結果論ですが夜もなんとか行きたかったです。

Escapeも入ってますし。

全体的には魅力的じゃないんですけどねー要所要所が。

兎にも角にも。

珠理奈、おめでとー!

今現在予約はしてないし、観に行けなかったけど、買って必ず観るからね。

iPhoneから送信

珠理奈ー!

のソロが観れただけで満足です。

体調悪かったのもあって悩んだんですが、映画館きて良かったです。

感想などはまたいつか書けるといいなぁ(^^;;

まったく関係ないですが、指原様子おかしかったような…。日頃あまり良く見てないので分からないですが。

iPhoneから送信

勘違い

完全に勘違いしてました。

今年のリクアワも最終日の昼に50曲。夜に50曲やるんだと。

夜取れなかったですが、100位~51位ならちょうど観たいものが観れるかと思っていたのですが……これは怪しいです。

しかも、ランクインした楽曲を見ている限り、明日は観たいものが観れそうにない予感が……。

1曲でも多く、観れて良かったと思えるものがあることを願いつつ。

疲れすぎてて起きずに行けないかもとか感じつつ、帰宅中です。

iPhoneから送信

そうだ、映画館に行こう

AKBのリクアワ、無駄に当たる予感がしてたのですが、気のせいだったようです(笑)

しっかりと一般枠まで外しました。

なので、せめて映画館に。と思ったのですが、仕事に忙殺されている中申し込もうとしたら……

予定枚数終了……。

25日の昼だけは確保できましたが、夜は出来ず。

珠理奈はもちろんのこと、先日お話ししました山田みずほとか、リクアワ自体と言うよりかは、観たいメンバーがたくさんなのに。1日申し込みが遅れただけで終わってるとは無念すぎます。

まだまだ忙しい日々が続きそうですが、その無念さだけ記したかっただけです。

水曜日もなんとか行けるかも?という微妙なラインで、申し込もうか悩み中です。

iPhoneから送信

独自の世界観

先日「跳ねる」と表現しました、生駒のパフォーマンス。

それから重ねて観続けています。

跳ねるというのも感じてはいるんですけど、彼女の世界観がすごく良いと感じています。

何でしょうね。どの楽曲も彼女のために作られたんじゃないか?って思い込めてしまうほどに、その世界が広がっているように見えるんです。

こうやって表現しようって考えて無い訳じゃないかもなんですが、考えるというよりも感じたまんまにパフォーマンスをしているというか、身体が、表情が自然に動いている感じで、それが作り上げている世界観がとても好きです。

全体的なものに限らず、一瞬一瞬を切り取っても、視線を落とす瞬間や優しい目、力強い目、瞼を閉じるタイミングとか、もうなんだか分からないくらいに、すべてにハマってしまっています。

それはセンターに立っていても、そうでなくても遜色なく、どこに居ても常に追いかけずにはいられないくらい。

以前から彼女のパフォーマンスは気になっていて好きでしたが、ここまでハマるとはちょっと予想外でした。


まだ居て欲しかった

多くを語れるほどでもなかったので触れることも無かったのですが、残念すぎる卒業発表が続いています。

SKEでのパフォーマンスはどうかと思いますが、NMBの菜々ちゃん。

舞浜でAKBの中にいてSKEに近しいパフォーマンスを魅せてくれた、高島。

そして、SKEのキャプテンであり支柱とも言える存在の中西。同じく、初期から今までを引っ張ってきて、これからも公演という大切な場所を支えてくれたであろう姉さん。

でも、自分の今の距離感とか色んなものがありますけど、一番衝撃で残念だったのは、山田みずほ。

AKBのリクアワを買おうか悩んだのは、ごめサマがフルでってのも大きいですが、山田みずほのパフォーマンスが物凄く良かったからってのも多分にあります。

彼女自身をそこまで推していたとかそういうこととは違うのですが、あのパフォーマンスは本当に素晴らしくて「Escape」ももちろんですけど、これからをもっともっと輝いて魅せてくれる、観たいと思えるメンバーでした。

正直今の自分の熱量でありながら、栄まで行ってでも観たいメンバーですが、スケジュール見たところ、行ける日が無い...。

AKBのリクアワ当たって、その日にちょうど来てくれないかな。という全て運次第な発言をしてみます。


跳ねるパフォーマンス

自分でもどこがどう違くてと言うのが、ちゃんと分かっていないと言うか説明できない状態なんですけど、生駒のパフォーマンスが素晴らしく良くて。そのパフォーマンスがタイトルにしました「跳ねるパフォーマンス」です。

ひどく抽象的ですけど、跳ねるようってのが自分の中では一番ピンと来るんですよね。

跳ねる。弾むって感じで、観ている側(僕)の心も自然と弾む。楽しい気持ちになる。そんなキラキラしたパフォーマンスを魅せてくれて、ものすごく好きです。

テレビとかで乃木坂であったり、AKBであったり、そのパフォーマンスを観ていましたら、なんか届きました。

乃木坂461st

いや、自分の意思で買ったんだろ!と(笑)

乃木坂を一度ちゃんと観ておこうかな?ってのを前から思っていたのもありますが、ほぼ「生駒が観たい」という気持ちだけで購入を決めたようなもんです。

ただですねー。



もう一つライブ映像が入っているようで、豪華盤が欲しかったんですけど、出品者からですし値段が値段ですし諦めました。

さて、そんなこんなで観てみました。

すっごく良かったです。テレビで観ているよりも、さらに生駒のパフォーマンスに惚れこみました。本当に素晴らしく良いです。圧倒的な存在感とその種類が違う感じで。何人か良いメンバーもいましたが、何がってのを説明ができないんですけど、全然違うんですよねー。

乃木坂全体のパフォーマンスとしましては、申し訳ないですが僕には興味が湧かない物でしたが、生駒のパフォーマンス観れただけで、もうこの値段以上のものはいただきました。

ちなみに、ルックスだけだと桜井がストライクで好きですが、黒髪の方が似合ってたと思いますね。

よく名前を拝見するようなメンバーでは、生田と西野は可愛いと思いますが、白石、松村はちょっと僕には魅力が分かりません。橋本はこのライブでは可愛いと感じますが、雑誌とかで見かけたときはそんな風には感じずよく分かりません。

蛇足でした。

しかし、こうなると生駒は是非とも生で観たい。川本もいることですし、応募できそうなら、生駒が出演するときチームB応募してみますかね。

生駒だけ目当てで乃木坂のライブ応募するのも...ですし。桜井も観たいですけど。


いつの間にか

いつ発売のものかは分かりませんが、今日コンビニにて「日経エンタテインメント」を手に取りました。

その中の記事で、AKB、SKE、NMB、HKT、乃木坂のCDセールスが取り上げられていました。

初週売上と書いてあったので全体としては分からないんですが、知らぬ間にSKEはNMBに抜かれてたんですね。

抜かれそうだなってのには気づいていたんですが...そして乃木坂に抜かれたということに関しては知っていたんですけど。

正直そのSKEの売り上げが低迷した時期ってのは、パフォーマンスが落ち込んでいた時期で、僕としても完全に購買意欲が消え失せてましたから、分からなくもないんですよね。

ただ、方向性と言いますか、握手人気がどれだけあるかって部分も(が?)大いに関わりますし、この売り上げだけでどうこうは言えないんですが、少し切ないような悲しいような悔しいような気持ちになりはしました。

完全に主観ですが、パフォーマンス低迷期は抜けてきていると思いますので、また伸びてくると良いなと勝手にそんなことを感じております。


うーん...なんか違う

このブログ内でも1,2回だけ触れていますが、関ジャニが好きなんですよね、僕。

でもレンタルまでで購入と言うのには至らなかったのですが、遂に先日、



購入しちゃいました。

いやあこれが楽しくてですね、大倉くんめっちゃくちゃかっこいいし(笑)

で、先日発売した



この「十祭」も買ってしまいました。

ただね、色々考えたんですけど、出費が多かったのもありまして、少しでもお安くということで通常盤にしました。

関ジャニ 十祭

すごく評価が高くて、おっしゃってることは分かるんですけど、なんか僕の中では違うんですよね。ずっと観てきたわけではわくて、ある意味にわかファンだからと言われればそれまでの話ではあります。

ジャニーズメドレーよりも、関ジャニの歌をたくさん披露して欲しい。そして、一番観たかった「キング オブ 男!」がハーフバージョンだったのが、何よりも残念でした。

そんなこと言いながらも、すでに3回くらいはリピートしてるわけですが(笑)

まだまだ僕くらいでは、この内容だからこそいいんじゃないか!というところまではたどり着けていないようです。


釣られた人

もう年越してるので、去年の話ですね。

今度発売になるAKBの劇場盤。写真会。

相当悩んだんですけど...誘惑に負けてしまいました。

完全に釣られた人です。ごめんなさい。

なんでしょうね~。写真を撮ったからなんだと言う訳でもないんですが、せっかくの機会だから!みたいな考えが働きまして。

ちなみに、

第7部 松井珠理奈、山本彩
第8部 生駒里奈、川本紗矢

の4枚です。

仕事が定時に終わって間に合うのが、幕張メッセの7部、8部のみだったので、その中からで考えました。

珠理奈は当然としまして、さや姉もこのブログをご覧になったことがある方なら、ああって感じかな?と思います。

なんば式写メ会でも、前作のアルバムでも落選したのでそのリベンジと言いますか、そんなのも含めましてですね。

生駒は、こんな機会じゃないと多分話せることも無いかな~?って思ったんですよね。

川本も同じような理由ですかね~。AKBのシングルを買う気にはならないから、写真会という動機を無理やりこじつけて(笑)話に行こうかな?って感じです。

全員、現段階(僕が確認できている範囲)でパフォーマンスが素晴らしいメンバーです。別にそんなこと素人の僕に言われても嬉しくもなんともないんだろうけど、そのパフォーマンスのことと、それを魅せてくれていることの感謝をお伝えに行ってきたいと思います。

ま、まだ結構先の話ですけど。

完全に釣られたご報告でした。


大きな違いを生む小さな違い

年越しのカウントダウンTVを観ました。

SKEが披露したのは「未来とは?」と「12月のカンガルー」。

2曲ありがとう。

先日観て、とても良かったと感じたベストアーティストのパフォーマンスを凌駕して、さらに良かったと思います。

小さいようでとても重要な大きな違いを生む、大きな違い。

宮澤と山田菜々が抜けていて、SKEの劇場公演を支えてきた、然るべきメンバーがそこに居たこと。

たったそれだけと言われるかもしれないけれど、それはとても大きな意味を持ち大きな違いを生みます。

チームとしての完成度が圧倒的に高くなりました。

何回もリピートしたわけでもないので、正確に前回と全員を誰が違うというのは分かりませんでしたが、中でも加藤るみ。ものすっごく良かった。公演を観れていないので、そのパフォーマンスにとても嬉しく思いました。

これでもう少し。山内と大場が抜けたらもっともっと良くなるんじゃないでしょうか。僕が気になってるのはその2人だけではないですが、ひとまずそこが変わるとさらにSKEらしいパフォーマンスに。進化したパフォーマンスに仕上がる気がします。

こうして名前を挙げると、完全に大組閣とやらの弊害ですね。

カメラを意識していないわけではないんでしょうけど、そこまでずっとカメラを追うわけでもなく、気づけば魅せるパフォーマンスに夢中で、カメラにも気づかない。そんな彼女らのパフォーマンスが素敵すぎて。

こういうSKEがずっと観たかったって思わせてくれるもの。その先も観たくなるもの。

でも今は(僕が観たいものと言う意味では)それがテレビでしか観られないものであることは残念です。

濁りの無い、澱みの無い、彼女たちのパフォーマンスを、濁りの無い、澱みの無い気持ちで、そしてそれはテレビではなく、劇場という最高の空間で観れる日はまたやってくるのでしょうか。


右肩下がり

もう年を越してしまいました。

明けましておめでとうございます。

限りなくノロノロな不定期更新のブログになってしまいましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末のMステを観て思ったこと。

「希望的リフレイン」に始まり、「ラブラドール・レトリバー」。そして「ポニーテールとシュシュ」と続いたんですけど、徐々に人数が減っていき、いわゆるメジャーどこのメンバーだけが残るわけですが、

右肩下がり。

踊れるメンバーが抜けていき、ポニシュの時なんて半分以上が踊れない・踊らないメンバーになっている(しかもそういうメンバーが基本センター付近を固めていて、且つ映し出される)ので、観れたものじゃなくなってます。

決してリフレインの時が良いと言うわけでもないのですが、脇や後ろを固めてるメンバーに本来次世代を担うべくメンバーがいますし、まだいわゆるメジャーで選抜メンと言われるようなメンバーより良い動きをするのが多いので、割かし観れたものになっています。

個人的にはカメラワークとか、演出自体もどうかな~?なんて感じたりもしました。

ちなみに「恋するフォーチュンクッキー」は異質で、僕の中では踊ることを諦めたと言うか、全力なパフォーマンスを魅せることを諦めた歌だと思ってるので除外しています。

ただ、それでも当然ながらメンバーごとの違いははっきりしていますけど。

この調子だと僕が観たいと思うものが観れるようになるという期待は、相変わらず抱けませんけど、高橋みなみの卒業で良い方向に流れることを少しだけ期待しています(推してる方には申し訳ないのですが......って散々言ってきたから、今更ですね)。悪い方向に行く可能性も感じたりしているので、結果は五分五分かな~というイメージでいます。


最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。