9/19「絢爛とか爛漫とか」千秋楽

千秋楽を意識したわけではなく、行ける日が結果的に千秋楽だったというだけの話ですが、行って参りました。

しかし方向音痴って嫌ですね。クラブexの場所、微妙に迷いましたよ(^_^.)

一旦違う方向に進んでしまい、なんか少し場違いなんじゃないか?的な雰囲気を感じつつ、行き過ぎたことに気づき戻ってようやく無事にたどり着きましたが。

会場入りして、とりあえずグッズを買おうと。売切れみたいなのが見えたので、いくみんのはどうかな~?と思いましたが、大丈夫でした。

列に並んでいるときに、前の方でここまでくるかな?みたいな発言が聞こえたので、グッズ終了かとドキドキしていたんですが、この日のお手伝いの山田がグッズ販売所に居たみたいで、その話だったようですね。

結果的に僕の何人か前で終了だったようで、僕個人としては単純にグッズ目的だったので問題なかったのですが、順番が来たらもう一人のお手伝いさん、倉野尾がいらっしゃいました。

倉「こんにちはー」
僕「こんにちは」

倉「あ、お二人ともいくみん推しなんですねー」
僕「いや、なんか申し訳ないです」

倉「いやいや、全然いいんですよー」
僕「チーム8、みんな素敵なんだよね」

倉「ありがとうございます」

購入したグッズを手渡してくれて
倉「楽しんでいってくださいね」
僕「ありがとう。存分に楽しんでくるね」

と言う感じで、なんか普通に会話をしていました。

話すのはもちろんですが、テレビ画面以外でまともに見るのは初めてだったんですけど、自然体で愛嬌もあって、とても素敵な子だなという印象を受けました。

さて、座席は1階Dブロックの最後列の端っこでした。

シーンによってはメンバーが脇を通るのでいい場所なのかな?そこに利点はあまり感じませんでしたが、端っこで舞台上が観やすかったのはありがたかったですね。

一番目を惹いたのは、太田奈緒でした。

いかんせん僕の席から、最初のダンスシーンが良く見える位置にまずいましたし。それがとても素晴らしかったですからね。それに、演技も自然体で、なんか変に作りこんでるって感じも受けなくて、すごく良かったと思います。可愛らしく、ちょっとおバカさんだったり、アドリブだと思うんですけど、その要所要所の笑いを誘う場面も良くて。

何でしょうね。役どころとマッチしていたのか、本人がよほど上手く演じていたのか、すごくハマっていたように感じました。

そして、画面上とかで見るよりもはるかに実物の方が可愛いですね。ちょっともったいないなって感じるくらい、僕の印象からすると違いがありました。

この舞台を観に行くきっかけにもなりました、一番の目当てであったいくみんはと言いますと。

全然良かったとは思います。でも、この役きっとすごく難しいですよね。感情の起伏も激しいですし、心に抱いている闇の部分と言いますか。それをまた内に秘めながらだったり、表に爆発させたり、急にこもったり。まぁそれは多かれ少なかれ全員にあったとは思うんですけど、中でも特に。

そんな中でしっかりと演じ切っていたと思いますし、滑舌や声量、視線の置き方とか仕草なんかも考えられている気がしました。でも少し作りこんだ感って言うか、演じている感が出ちゃってた気はしなくもないかなと。真面目に向き合って真剣に一生懸命努力した結果が、いい方向だけでなくたまたま悪い方向にも影響が出ちゃったような。

完全に素人目線ですが、そんなことを感じました。

小田と谷川は、可もなく不可もなく。言い方悪くて申し訳ないですが。小田に関しては、実は期待してたものが大きすぎて、ちょっと物足りなく感じました。役柄に感情移入できるかどうかとかも、僕みたいな素人さんには大きな要素なのかもしれませんね。

余談ですが、お手伝いの2人のトークもとても面白かったです。

アフタートークでは写メOKだったわけですが、舞台上の光が反射しちゃって、全然まともに撮ることが出来ませんでした。舞台を一段降りてくれると少し違ったんですが、そのチャンスもほとんど訪れずでした。

お見送りでは、倉野尾が僕に気づいて(グッズ売り場で会いましたからね)あー!って反応してくれたので、十分楽しみました、ありがとうって早口で伝えて、最後いくみんに良く頑張ったねって言おうとして、いやその言い方上から目線だな。なんて思っていたら、しどろもどろになってありがとうとしか言えずでした。

記念写真はしばらく悩んだのですが、時間の関係もありまして断念。


スポンサーサイト

ありえないハシゴと

明日はいよいよのいこたん出演舞台こち亀を観覧に行って参ります。

観るたびに成長しているいこたんの姿がとても楽しみです。また、4列目ってのが僕にしては無い引きで、近くで観れるなら表情も良く見えるってことで余計に楽しみ。

それで終わりではなくて。

そのあとに品川に移動して、いくみん出演の「絢爛とか爛漫とか」を観に行って参ります。

当選したら行け!って意味だと捉えてって応募しましたら、幸いにもキャンセル待ちで当選。

気持ちの切り替えが異常に大変だとは思いますが、こんなチャンスは無いし、行けるところは行っておきたいって思いまして、強引にねじ込みました。

さらに、金曜日にはリーディングシアターに。金曜日は休むのは不可能に近いんですが、その日は夜勤。ってことは、昼公演のこの日は何か運命的な.......と勝手に決めつけて。珠理奈の活躍を生で観れる機会が本当に少ないから。夜勤とは言え、かなりハードスケジュールになりますが、行って参ります。

そして恥ずかしながら、その前日にはまさかの。でもないかもしれませんが、城ちゃんの個握に参戦。

ずっと在宅応援と言うか、距離感はありながらも応援はしてたんですけどね。がっつりブログとかいろんなところで想いを発信している城ちゃんに応えたいなと。本当にほんの少しだけだけど、力になれるならってタイミング良く行ける日の最終応募受付がされていたので。

というわけで、色んな意味で我ながらすごい日程を組んだと思います。もちろん、仕事との兼ね合いとか当選しなかったらこうはならなかったわけですから、きっと何かに導かれてるものと思い、すべてを楽しんできます。


7/3新幕末純情伝、天王洲銀河劇場千秋楽

本日は、新幕末純情伝を観に銀河劇場に行って参りました。

002_201607040040283c4.jpg


たくさん笑いました!たくさん泣きました!とても感動して、幾度となく心を揺さぶられました。本当に本当に素晴らしかったです。

スタンディングオベーションってタイミングあるんですかね?最初からそういう気持ちだったんですが、よく分からずすっと立ってくださった方がいた後に続いて。鑑賞のマナーみたいなものとでも言えばいいのでしょうか、それも勉強しなくてはと思いました。

その辺は感じたままにでいいのかもしれませんが、そういうことが出来ない残念な人間なので。

舞台やミュージカルは近年好きになり行くようになったばかりなので、多くの舞台を観てきた訳ではないですし専門的知識があるわけでもありませんが、斬新な演出で。統一感が無い統一感と言いますか。混沌とした中に秩序が守られているような、不思議で圧倒的な世界観がそこにはあったように感じました。

辛辣な表現のセリフとかも多いんですけど、その直接的な表現と本能のままと言いますか、その熱く、ある一面からは氷のように冷たくグサグサと心に刺さってきて、それがまた気持ちを高揚させてくれる一要素ともなり。

Amebaで稽古の様子が放送されたのを観たときには特にくるものもなかった切り取られた部分。ストーリーがつながって訪れたその瞬間はとても苦しくて、泥臭くて、切なくて、優しくて、涙が溢れてきました。

そしてシリアスな話の流れにありながらも多くあるアドリブが物凄く面白かったです。

それがあっても全体的なストーリーの重みと深みに影響は無くて、なんかもっとこう壊れてしまいそうなのに、そんなこと全然なくて変な表現ですけどカッコいい舞台でした。

ああ、凄く凄く本当に良かったのに、それを伝えきれない無念さがあります。

玲奈の演技も期待以上でしたね。特にこう一気にボルテージを高める瞬間のあの爆発力みたいなものに心揺さぶられました。

みなさん良かったですけど、個人的に一番好きだったのは岡田以蔵役の早乙女友貴さん。カッコ良くて、感情の起伏やそのシーンに合わせた表現も豊かで、殺陣も上手くて。彼が登場するシーンはまた違った意味でワクワクしたりしてました。

当日券もあるみたいなので、都合がつくのであれば是非観に行かれることをおススメします。って、完全にど素人目線ですけど。

僕ももっかい観たいんですけどねー。さすがにちょっと厳しいかなぁ。なんとかなりそうだったら、もう一度行こうと思ってます。

パンフレットも

003_20160704004110473.jpg

クリアファイルも

005_2016070400405101e.jpg

カッコ良かったです。


最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR