スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/7「0と1の間大写真会」~ガッチガチの薮下柊編~

その日になんとか上げようとしていたのに、気づけば1週間も過ぎ去っていました。

というわけで、2月7日に幕張メッセで開催された大写真会に行って参りました。

仕事があっても何とか間に合う時間というところで、7部からの参加でした。

着いてみると、入り口辺りはまあまあワラワラっとしてましたが、レーンは一部のメンバー除いてかなり空いているところが多かったですね。須田とかでも当日券が使えるってのが驚きでした。

さて今回は、その時の状況で会って伝えたいメンバーってのが増えたりすることもあるということがあって、それなら使えるメンバーは限定されるけどと当日券を1枚持っての参戦でした。

悩んだメンバーが、古畑、はーこ、柊ちゃん、岡田奈々の4人。主に前回、体調不良で参加券を紙くずにしてしまったメンバーたちです。前者2人が欠席となったので、二者択一に。伝えたいことがあるのは、岡田奈々の方が大きかったですが、写真会ということも考えて、柊ちゃんのもとへ。

多少並ぶものと思いきや、むしろ途切れてしまっているくらいで...。しばらく話すこと考えて落ち着いてからと思っていたのに、すぐ行かなきゃ!って気分になって、ノープランで突っ込んじゃいました。

ーーーーーーーー

こんばんは
「あ!ありがとう!」

すっごい久しぶりになってしまいました。

「ポーズどうします?」
ありきたりですけど、ハートでいいですか?

「うん、いいですよ~」

ー撮影ー

柊ちゃん写真会


ずっとこれなくて、申し訳ない
「ううん。ありがとー」

たまにになっちゃいますけ、また来てもいいですか?
「もちろん!来てください!」

今日はありがとう。
「また待ってますね」

ーーーーーーーーー

...............すげーずっと敬語だし、なんかよそよそしくないですか?申し訳ないとか硬すぎるでしょ(^_^;)

なんか柊ちゃんの顏見た瞬間に、今までのいろんな想いとか柊ちゃんのこれまでのこととか、今現在のこととか頭の中ぐるぐるして、一気に心が埋め尽くされて完全にテンパっちゃったでは済まないくらいパニック状態に。

結果がこれですよね。

こんなんでも、久しぶりにちょっとだけ話せたのが嬉しかったりはしました。それと、特別な理由はなく完全になんとなくなんですが、すこーし柊ちゃんが心配だなって感じました。

ちなみに黄色の矢印のとこですが、BⅡのリストバンド付けてるのに、完全に隠れちゃってます。我ながらひどいですねー。まあ今に始まったことでもないですし、この後も続くんですが。

何はともあれ、近いうちに劇場に足を運びたいと思います。


スポンサーサイト

選抜を外れるレベル...でも信じてる

 「想像の詩人」公演を観ようということに始まって、結局DMMの月額会員になりました。

ちゅばの卒業公演が観たかったこと。これを機に、NMBの現状の公演を自分の目で再確認しておきたかったこと。なんていくつかの動機があってのことです。

そして、BⅡ公演を相当久しぶりに観ました。

.......墜ちに墜ちましたね。と、チームのパフォーマンスは一旦置いておいて。

柊ちゃんの笑顔のパフォーマンスを観て、涙が出そうになるくらいに。愕然となりました。

確かな成長が、努力の足跡がはっきりと見て取れるメンバー。だけどもそれは、裏を返せばその逆もはっきりとしてしまうということでもあります。

全然踊れてない。単純に省エネなだけじゃなく、ちょっと振りも入ってないんじゃないかな?って感じでした。

あ、ちなみに途中までしか観てません。

初日の出来が良くなくて、でも同時にそこからの伸びしろがあるってことでもあったわけですけど、むしろさらに悪くなっていました。

本人も分かってるんじゃないかな。まさに「その汗は嘘をつかない」だよ、柊ちゃん。

あんなに汗っかきなはずなのに、全然じゃないか。

僕が勝手に思ってることですけど、柊ちゃんのパフォーマンスが落ちた理由と言うか、落ちるに至ったきっかけは、大組閣と総選挙(特に2014年の総選挙かな)だと思っているので、そして僕の考え通りなら、こういう姿になることはある意味必然的なことだと思っているので、柊ちゃんを攻めようって気持ちはありません。

笑顔も全然、本来の魅力には遠く及ばないものだったと思います。

悩んで、くすぶって、停滞したり、場合によっては後退したり、そんなことを繰り返してもいい。

でも今の現状に負けずに、きっとその先に、再び輝きを取り戻してくれるその姿があると信じています。今現状の柊ちゃんの姿を観るのは、とても辛いし、完全に選抜を外さなきゃいけないレベルになってしまっているけれど。

まぁ選抜うんぬんの話は、あくまでも僕の観点からというところですが。

テレビで観てる時、凄く低調だったのは見間違いでも気のせいでもなかったんですなー。

土曜日の写メ会のこともって考えて公演観とこうと思ったんですけど、NMBは別日なんですね。全然知らなかったです(^_^;)


柊ちゃんの魅力の一つ「可愛さ」

その先の姿が見えるから、その姿がまた堪らなく愛おしい話はしましたけど、ダンスが遅れてたな~って話だけじゃあね。なんやねん!って言われちゃいそうですから(笑)

その時に披露しました「遠距離ポスター」の衣装が、似合いすぎて可愛すぎたということをご紹介しておきましょう。

IMG_0585.jpg

うん、改めて見ても似合いすぎだと思う。

それから、個人的には過去最高かも?ってくらいに似合っていた、

24 - 1

ラムちゃんヘアー。

この日は観に行けなかったんですよね...。めっさめさ可愛いじゃないか!ヘアメイクさん、ありがとう!

それから、ド定番の

26 - 1

柊ちゃんのウインク。

うん、相変わらず下手ですね(笑)でもかなり上達したような気がしなくもないです。

まぁまばたきしちゃうどっかの誰かさんよりかは...

27 - 1

あ、何でもありません(笑)

ここ最近のぐぐたすから画像は引っ張ってきましたけど、柊ちゃんのぐぐたすをチェックすると、こんなに可愛い姿が見れるよ。っていう、一部をご紹介させていただきました。




柊ちゃんらしいな

今日のユニット祭り。予定には全く無かったのに、映画館ですが実は観に行きました。

今年は大人しくしていると言っていたのに(笑)

観に行った経緯はまた全体的な感想とともにあげられると信じて。

そのユニット祭り。

柊ちゃんが、

「遠距離ポスター」
「stoicな美学」

に出演。

後者はアルバムのユニット曲だし、前者は今回特別な披露。

要するに練習時間がかなり限られていたということです。

で、柊ちゃん。ダンスが苦手なんですね。遅れてたな~。

特に前者は、岡田奈々、西野という2人が居て、さらに村山が続くという強力な布陣。そこに岩立が食らいついて行く格好。

チーム4のメンバーが連携が良いって部分もあるでしょうしね。

でもね、柊ちゃんが必死でその場所に望んでいるのが分かりました。それは、見た目として必死な感じとかがはっきりとするものではないけど。

柊ちゃんが遅れていたこと。スタートはこれだけの差が付いてしまうタイプであること。

その先に追いつくどころか、追い抜くほどのパフォーマンスを魅せる姿を知っているから、なんだか今日の柊ちゃんを見ていて、そこに大変な努力があることを再確認して、

柊ちゃんらしいな。

って、勝手にそう考えが巡って、より好きになりました。

もちろん、こういう短期間でも、力を発揮できるようにするのは課題だと思いますけど。

iPhoneから送信

幸せな空間~薮下柊生誕祭~

ジャンカラを後にして向かった先、それはNMB48劇場。

そう、この日は12月7日。柊ちゃんの生誕祭の日です。

そして、

048.jpg

実は、まさかの当選してました。

売切れになる前にと、速攻で買った生誕Tシャツがこんなにすぐに使える日がこようとは...。

チケット購入時に、

045_20131229174140bf8.jpg

腕にこういうのを巻かれます。ああ、本当に入れるんだなって実感と、不思議な幸福感でした。あと、実際はなっかなか切れないんですけど、ちょっとしたことで切れてしまわないかという不安がありましたね。時間が経ってから撮ったので、少ししわくちゃになってます。

お花は、

039_20131229174137a74.jpg

柊ちゃんがラムちゃんになってます。本当に柊ちゃんは好きですからね~。日頃からラムちゃんになりたいとか言ってますし。

さてチケット購入後は、ジュンク堂書店で日頃なかなか目にしないような本やバックナンバーを見たりしてました。全然落ち着かなかったですけどね。そして、整列開始の時間に。どうにも落ち着かないので、すぐに並びに行きました。

生誕祭って言っても来られない人は当然いるんですよね。僕の番号のあたり。つまり120番台ですけど、7人しかいなかった気がします。

NMBは当選番号がそのまま入場順なので、13巡目ということになりますかね?来られなかった方がいることを考えると、12巡目くらいとなるのでしょうか。正確な場所をきっちり把握してなかったのですが、7列目あたりの左から5番目くらいの席に座りました。

左端は前から3列目くらいが空いていて、どうしようかな?と悩んだのですが、真ん中寄りに座ろうと思いまして。

DMMで、カメラが引きになるとギリギリで端っこの方に映りこむくらいの場所でした。

もうですね、公演の内容が素晴らしかった!ってのは漠然とした中での記憶にあるんですけど、とにかくその空間に居合わせられたことが幸せすぎました。

柊ちゃんの笑顔がキラッキラしていて、眩しかったな~。

柊ちゃんと目が合った気が.......はい、今回はしなかったです。いや、なんて言うんでしょうね。目は合ってると思うんですけど、別にこう個人として合っているというような感じではなくて、全体を見渡してる視線が、柊ちゃんを観続けている僕とぶつかる瞬間があったって感じですかね。

なんでも幸せです。

柊ちゃんの生誕祭、お手紙は菜々ちゃんから。

菜々ちゃんからって時点で既に泣いてたとかは秘密です(笑)菜々ちゃんは柊ちゃんのことを本当に想ってくれていて、柊ちゃんも菜々ちゃんのことを本当に尊敬していて、想っていて。2人の絆が素敵すぎました。

お母さんからのお手紙では、勉強とか学校とか、NMBでのお仕事とか、いろんな兼ね合いの中での苦悩だったりが語られていました。

もうね、ずっと涙でしたよ。

そして、柊ちゃんからのコメント。女優になるのが夢だと、照れくさそうに。本人もそういうの苦手だって言ってましたけど、もっと堂々としてていいんだよ。いや、むしろ堂々と言いなさい。

そして、NMBで中心となる存在になりたい。

すごくすごく悩んだ1年だったと思います。お母さんからの手紙にもあったように、勉強とかの兼ね合いもですけど、NMBの活動だけで考えても、相当悩んでいたんじゃないかな?そういうこも、うまく表現できなくて、なんだかすごくはっきりしない感じになってしまいましたね。

せっかくの場所なのに、もったいない。もっともっと溜め込まずに、想いを吐き出してもいいと思うよ。

そんな柊ちゃんが好きだけど。

少しだけ思い出した、柊ちゃんが研究生の頃の懐かしい言葉。

「いつかはセンターになりたい。3期生の中で1番になって、城恵理子さんみたいな存在になりたい。大丈夫。私ならできます。」

出来てるやん。あともう少しだよ。そのもう少しが難しいんだけど、大丈夫。柊ちゃんなら出来るよ。

柊ちゃんに染まった1日、すごく幸せでした。


この日は、とても悲しいことがあった日でもあり、記事にすることが出来ずにいました。とは言え、柊ちゃんの生誕祭の間は、まったく考えずに柊ちゃんをBⅡをまっすぐに見つめていました。


最新記事
カテゴリ
ご訪問ありがとうございます
月別アーカイブ
最新コメント
ブログ関連作品
最新トラックバック
DMM.COM
DVD通販
プロフィール

じゅりまさむね

Author:じゅりまさむね
SKE48松井珠理奈が大好きすぎる、1庶民です。
知識は広く浅くです。そういうつもりは一切ないんですが、残念。

SKE48 OFFICIAL HISTORY BOOK まだ、夢の途中
SKE48LIVE!!ONDEMAND
SKE48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
NMB48 LIVE!! ON DEMAND
AKB48 LIVE!!ON DEMAND
AKB48 LIVE!! ON DEMAND
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。